2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 臨界に生きる夫婦の負った影 | トップページ | 老いたればたかがされどを使い分け »

2019年1月 5日 (土)

気配りが嬉しい昼の受付所

   所用で出かけた。途中、市の広報誌で見た届けを思い出し、届け書類が
置いてあるという公民館へ寄った。

広報誌には、届け書は郵送だけのやり方しか書いてなかったので、記入用
紙だけをもらって来ようとしたら、事務所の女性に「この場で申し込めますよ。
郵送なら切手代がかかるけど、ここで受付けすれば郵送代はかかりません」
と告げられた。
そして、書き方から、書いた後のチェックまでして下さった。

半世紀近く当地に住んでいるが、今までの公民館での対応は、覚えているの
は、訊いたことを単純に答えてもらったことしかない。

役所の対応は、そんなものかと考えていたので、親切にしてもらって嬉しかっ
たね。土曜日の昼下がり、在籍職員はこの人だけ・・。
きっと正規の職員でなく、サービス業の経験のある主婦とお見受けした。
ありがとう。


« 臨界に生きる夫婦の負った影 | トップページ | 老いたればたかがされどを使い分け »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気配りが嬉しい昼の受付所:

« 臨界に生きる夫婦の負った影 | トップページ | 老いたればたかがされどを使い分け »

無料ブログはココログ

お気に入りの本