2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 美人画に似合わぬ武骨あの夢二 | トップページ | どことなく春を感じる風の波 »

2019年2月12日 (火)

隠れてる諭吉の裏の黒い影

  ホントは昨年(2019年)に読みたかった本、『「明治礼賛」の正体』(斎藤貴男著、
岩波書店版)が手元に届いた。昨年が明治150年にあたったからだ。

本書は、わずか70頁余の小冊子だが、明治維新以来の150年、加えてこれからの
わが国の行く末に大きな課題を投げかけている。

吉田松陰や福沢諭吉は、われわれが学んだ歴史上のイメージとは大いに異なる。
安倍政権が目指すのは、21世紀版「富国強兵・殖産興業」と断じている。

目から鱗の「明治礼賛」だった。
ぜひ、若い世代に読んで欲しい本だ。
 

« 美人画に似合わぬ武骨あの夢二 | トップページ | どことなく春を感じる風の波 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 隠れてる諭吉の裏の黒い影:

« 美人画に似合わぬ武骨あの夢二 | トップページ | どことなく春を感じる風の波 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本