2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 田舎町霞ヶ関で名前売る | トップページ | 10億を払って塀を出るやり手 »

2019年3月 4日 (月)

コンビニも深夜寝かせてくれと言い

 

  コンビニの24時間営業が問題視されている。
アルバイトの募集難で24時間営業が困難になっているからだ。
勝手に営業時間を短縮したフランチャイズ契約のオーナーが、契約違反
で違約金を請求された事例が報道されている。

そんな折り、「あなたはコンビニの24時間営業をどう思いますか?」との
アンケートがネットで寄せられた。
答えは二者択一で「必要」「必要ない」の中からの選択だった。

私は「必要ない」で返答した。
コンビニは、わが家から100m以内に2店舗(1軒は駅構内で終電で閉店)、
200mまでなら5店舗が存在する。そのいずれの店へ夜8時以降に行ったこ
とはない。家から徒歩3分のドラッグストア(食料品も販売している)は閉店
が夜11時だし、駅舎と同じビルのスーパーは朝6時開店、夜11時閉店だ。

毎朝6時過ぎに、犬の散歩でこのスーパーの周りを歩くが、早朝時に買物
客は殆ど見かけない。これじゃ経費を吸収できないだろうといつも思う。

買う立場からすれば、買物環境はベストととしか言い様がない。
欧州に短期で滞在したことがあるが、日本は明らかにそれらに比べてサー
ビス過剰と思う。それこそ働き方改革の有効な手段だと思うが・・。

コンビニの場合は本部の都合もあるのだろう。
それも、コンビニ業界が成熟してくれば、業界で考えれば済むこともある筈。
災害対応、共同配送などはコンビニ運営会社が異なっても、競争しながら
でも、お互いに共同できることもある筈だ。



« 田舎町霞ヶ関で名前売る | トップページ | 10億を払って塀を出るやり手 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンビニも深夜寝かせてくれと言い:

« 田舎町霞ヶ関で名前売る | トップページ | 10億を払って塀を出るやり手 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本