2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 飲みたいが飲ましてくれぬ昼の酒 | トップページ | 塀越しの枝に文句の総会日 »

2019年3月16日 (土)

春うらら心に染みる邦楽器

 午後、地元で行われたコンサートを楽しんだ。
演目は、第1部が箏の演奏、第2部がソプラノ歌手による独唱だった。
出演者は両部とも東京芸大卒のプロ奏者、歌手で迫力があった。

箏の演奏者は宮西 希さん、地元の小、中学出身だそうだ。
「箏」と「琴」の違いなど、適当に話術を絡めながら多数の曲を奏でた。
初めて訊く箏の音、金属的な音色が気になりながらも良かったと思う。

ソプラノ歌手は原田 泉さん、出身は鹿児島県とのこと。
さすがプロ、迫力ある音量が会場中に響きわたった。
特に高音が天井を突き抜けるようだ。
エンディングは、会場の参加者共々全員で「知床旅情」「故郷(ふるさと」
を熱唱した。大声を誰をも惑わさず、そして咎められることなしに歌え
たことは素晴しい。

どういう訳か、今年は2回も邦楽器の演奏を楽しめた。
またチャンスがあれば聴きに行きたい。

« 飲みたいが飲ましてくれぬ昼の酒 | トップページ | 塀越しの枝に文句の総会日 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春うらら心に染みる邦楽器:

« 飲みたいが飲ましてくれぬ昼の酒 | トップページ | 塀越しの枝に文句の総会日 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本