2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 怠け癖つけば葉桜風笑う | トップページ | 今更に父親とは?と言われても »

2019年4月13日 (土)

題材の趣旨はやっぱり本に訊け

 近くの大学の公開講演を拝聴した。

講演は、芥川賞作家のT氏とこの大学の現学長との対話形
式だった。お二人ともこの大学の同窓生とのことだ。

自分がうかつだったのは、T氏の芥川賞の受賞作品を読んで
いなかったこと。T氏の日常なり、著作の背景を知りたいの
は単なる野次馬根性ではなく、あくまでも出版物との関係を
知りたいからなのだ。

だから、T氏(39歳)の学生時代や、日常生活の様子を聴い
ても、そんなものかと思ってしまう。それこそ100人100様
だもの、違って当たり前だね。片面だけ聴いても意味はない。

・・と、いうことで、途中の休憩時間に退出した。
気候はまさに春たけなわ、青空と新しい葉が出た桜並木の下
を歩いて帰った。運動としては有意義な日だった。



 

 

« 怠け癖つけば葉桜風笑う | トップページ | 今更に父親とは?と言われても »

講演会・セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 怠け癖つけば葉桜風笑う | トップページ | 今更に父親とは?と言われても »

無料ブログはココログ

お気に入りの本