2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 観光で分からぬ隠れキリシタン | トップページ | 弔いの花は枯れても主を待つ »

2019年4月22日 (月)

生きてても一寸先は闇の中

  スリランカで爆弾によりで200人超の死者が出ている。
日本人の死者や負傷者も出てでている。

日本では、乗用車やバスの暴走で死者が出ている。
なんとも痛ましい事件や事故が起きている。

事件や事故に遭われた方々には、何の落ち度もないだけに余
計に腹立たしい。

改めて考えてみると・・
自分は3/4世紀以上を生きて来た。これが奇跡かもね!
水難事故、交通事故、それにがんの発生、何とか乗り越えて
生きている。

この先、自分の運命に何が待っているか誰もがわからない。
自室の棚に、京都大仙院住職の自筆の色紙が掲げてある。
そこには「今こそ出発点」と書かれている。
そして「私自身の将来は、今この瞬間にある」と結んでいる。
こうした気持を心懸けて行きたい。

事件や事故で亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。







« 観光で分からぬ隠れキリシタン | トップページ | 弔いの花は枯れても主を待つ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 観光で分からぬ隠れキリシタン | トップページ | 弔いの花は枯れても主を待つ »

無料ブログはココログ

お気に入りの本