2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 古里の桜も雪で縮こまり | トップページ | 怠け癖つけば葉桜風笑う »

2019年4月11日 (木)

時雨でもたび重さなれば足とられ

 「大臣に誰がなろうと通り雨」という川柳があった。
五輪相の交代劇、将に五輪相なんてこの程度だったらしい。
理念、予算も知らないで務まるんだから・・。
それに、地名や名前の読み間違え! それこそ小学生以下だ。

詳しい経緯は、幅広く報道されているから書きたくない。
ただ、派閥の領袖が、桜田氏の性格を知らなかったのかね?
知らなかったとは思えない。そうなら領袖とは言えない。
知っていたなら、この程度の人でも務まると判断したわけだ。

自派議員の性格を知らなくて、よく大政党の幹事長が務まるね。
こんなことで国民生活に必要な政策提言など出来ようか。

どっちにしても、国会と内閣の劣化は著しい。
国民として選挙でしっぺ返しをしたいけど・・。

« 古里の桜も雪で縮こまり | トップページ | 怠け癖つけば葉桜風笑う »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 古里の桜も雪で縮こまり | トップページ | 怠け癖つけば葉桜風笑う »

無料ブログはココログ

お気に入りの本