2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 飲まなくて死んだらそれは望むこと | トップページ | 勘ぐりか浮かれムードの裏の意味 »

2019年4月16日 (火)

足下が燃えているよなパリの火事

   朝から素晴しいお天気になった。
数ヶ月ぶりに布団など寝具類を干した。
花粉症持ちが、快晴には勝てなかったんだね。
午後、取り込んで横のなったら、気持が良すぎて1時
間程寝込んでしまった。まだ頭がボウっとしている。

パリのノートルダム大聖堂が全焼したという。
ここは若き日に、数ヶ月の英国での研修を終えて、帰国
する時と、50歳半ばの2回訪れている。

特に、最初の時は精力的にパリ市内を歩き回った。
もちろん、ノートルダム寺院も訪ね、上部の回廊にも登
った。いわばパリの原点を大聖堂の上から眺めたわけだ。

当時を思うと、この大聖堂が火事と聞けば、あの回廊に
っていて、足元から火が広がったような気持になった。
フランスのみならず世界遺産が失われたことは残念だね。

火災と言えば、ニューヨークの貿易センタービルもテロ
で失ったね。あそこの屋上にも上がった。
次ぎに訪ねた時には、もうビルはなかった。火は怖い。

 

« 飲まなくて死んだらそれは望むこと | トップページ | 勘ぐりか浮かれムードの裏の意味 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 飲まなくて死んだらそれは望むこと | トップページ | 勘ぐりか浮かれムードの裏の意味 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本