2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 目に青葉老学生が紛れ込む | トップページ | 古里の桜も雪で縮こまり »

2019年4月 9日 (火)

諭吉より景気頼むと札の顔

  政府は各紙幣(2千円札を除く)を全面的に刷新すると発表した。
1万円札の顔は渋沢栄一、5千円札は津田梅子、千円札は北里柴三郎。
24年度上期が目途とのこと。

こちとらは、諭吉さん、栄一さんと深~いお付き合いがあったわけで
はないし、これからもあるとは思えない。
まあ、札の顔は誰でも、庶民は生活が平穏無事に送れればいいんだ。

反面、為政者や事業家の方々には、それなりに札の顔に拘るワケがあ
るのだろう。新元号にあやかって新紙幣をも・・と、思ったんだね。
それなら、高額紙幣の顔は偉大な経済人が相応しい。渋沢栄一なら最
適任なワケだ。

このニュース、あの世で渋沢栄一さんはどう思っているのかな?
多分、あの世とやらにもこの日のニュースが流れていると思う。
先が短い私があの世に行ったら、この日のニュースを調べたい。
そして、栄一さんのコメントを聞きたい。

しかし調べても、その結果をこの世にバックする手段がないんだ。
通信手段の発達はめざましいが、あの世との回線は未開通なんだ。
5Gが発表されたそうだが、彼岸との回線は未だらしい。


 

 

 

 

 

« 目に青葉老学生が紛れ込む | トップページ | 古里の桜も雪で縮こまり »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 目に青葉老学生が紛れ込む | トップページ | 古里の桜も雪で縮こまり »

無料ブログはココログ

お気に入りの本