2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 生きてても一寸先は闇の中 | トップページ | 源平が呉越同舟鉢の中 »

2019年4月23日 (火)

弔いの花は枯れても主を待つ

  いい天気だ。
日課のウォーキング、昔、住んでいた住宅街を歩いた。
結婚して、すぐに建売住宅を買って8年間住んだ街だ。

往時の建物も残っているが、半世紀を経てば、殆どの家
は建て替えられている。もちろん、住んでいた家も・・。

そんな街の中で、地域活動で知り合いになった人がいた。
彼は一回り年上、ちぎり絵の名手で、教室も開いていた。

このKさん、亡くなって数年経つ。
残され奥様は、遠くに住む娘さんが引き取ったと聞く。
この日、Kさんの住んでいた家まで足を伸ばした。
無人のままらしい。家の回りはよく整理されていた。

表札は元のまま、今にも「よう!」と顔を出しそうな雰囲
気だ。ただ、門柱付近の数十の鉢は全て枯れた草花ばかり。
 
帰路、遊歩道の花を眺めながら想った。
年々歳々花は咲けども、主は永和に還らず・・と。

      Img_4232  
   どうも写真が鮮明に表示されません。
画面上をクリックすれば鮮明画像をご覧いただけます。



« 生きてても一寸先は闇の中 | トップページ | 源平が呉越同舟鉢の中 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 生きてても一寸先は闇の中 | トップページ | 源平が呉越同舟鉢の中 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本