2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« 胃の調子鼻から覗く検診日 | トップページ | 行きたいが作ってくれぬ投票所 »

2019年4月 3日 (水)

ユーモアを受ける教養試される

 「ユーモアのレッスン」(外山滋比古著、中公新書)は勉強になった。
 (「お気に入りの本」参照)

氏はユーモアは国境を越えない、時代を越えない、教養の壁を越えない
と書かれている。

例えば・・
 「厳冬に酒あたためて紅葉鍋」(柳多留)
そのまま読めば、厳しい冬に暖めた酒を飲み、シカ肉鍋を食べている光
景とみる。

外山氏は言う・・
中国詩に通じた人がこの川柳を読めば、中国・白居易(中唐の詩人)の
詩の一節「林間酒焼紅葉」のパロディだとわかる。柳多留が編まれた江
戸時代後期に、川柳を嗜んだ人たちは、このパロディを知っていたこと
になる。

果たして現代の柳人は、どこまで知っているのだろうか?
果たして日中国境、時代の壁を越えているのか? 

他人様のことはともかく・・
私は間違えなく越えてないね。私の教養の壁は低いし、時代の壁はとて
つもなく高い。ユーモアを解さない部類に属するらしい。

 

 

 
 



« 胃の調子鼻から覗く検診日 | トップページ | 行きたいが作ってくれぬ投票所 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 胃の調子鼻から覗く検診日 | トップページ | 行きたいが作ってくれぬ投票所 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本