2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 紹介状書けば役割終わりです | トップページ | オレの耳掃除してくれホタカ君 »

2019年5月14日 (火)

天眼鏡かざして読めば手が痺れ

   連休中、様々な事があり体調も崩したが、どうやら元の生
活に戻りつつあるようだ。カミさんの病状も落ち着いている。

来月からのB大学のオープンユニバースティの開講が間近い。

この講義は、遠藤周作作品の評論が予定されている。
開講までに、彼の6冊の作品を読むように指示されている。

この10日間、読書は殆どできなかった。
今日から腰を据えて3冊目の作品の読破に取りかかった。
題名は「わたしが・棄てた・女」、図書館から借り出してか
貸出期間を延長したが、その期限もあと数日で切れる。

それに、この文庫本は、半世紀近く昔の1972年の発行だ。
文字が小さいんだ。小さい分だけ目の疲れが一層増すようだ。
文章は分かり易いが内容が重い。ますます読むのが億劫になる。

けれど昵懇の講師と会うのは待ち遠しい。
講師に太刀打ちは出来ないが、何とか議論に持ち込みたい。
なんとか頑張ろう!









 

 

« 紹介状書けば役割終わりです | トップページ | オレの耳掃除してくれホタカ君 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 紹介状書けば役割終わりです | トップページ | オレの耳掃除してくれホタカ君 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本