2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 収入増返事できない間に果たす | トップページ | 親切さ装おうだけのかかりつけ »

2019年5月23日 (木)

女一人魑魅魍魎の中にいる

 逢坂剛と言えばハードボイルド作家だ。

彼の小説は、今、新聞連載中(週1回)のモノを読んでいる
が、これは時代小説であってハーボイルドとは言い難い。

従って、彼のハードボイルド作家しての初めて読む本は、今
読み終わった「断裂回廊」(徳間文庫)ということになる。

主人公は、公安調査庁の調査官の殿村三春という独身女性だ。

北朝鮮不正送金疑惑、スポーツジム襲撃事件など不審な動き
が目
立つ宗教団体クルバシャ、公安調査庁は団体規制法を視
野に調査を始めた。そして尾行中に起こった事は・・?

在日朝鮮人、警察、検察官僚などが入り乱れてのミステリー
だ。登場人物も多く焦点を絞れないまま終末を迎えてしまっ
た。時間潰しには持ってこいの本だった。

« 収入増返事できない間に果たす | トップページ | 親切さ装おうだけのかかりつけ »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 収入増返事できない間に果たす | トップページ | 親切さ装おうだけのかかりつけ »

無料ブログはココログ

お気に入りの本