2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 出来るならこんな往生したいもの | トップページ | 大合唱水の舞台に姿なし »

2019年5月 5日 (日)

仏様の忘れ物かな?絶不調

 葬儀のやり方も地方毎に異なり興味深い。
この日も、空はあくまでも高く青かった。

この地域(信州東部)は、亡骸と喪主夫妻を乗せたリムジンを先
頭に火葬に立ち会う人たちの車が火葬場に向う。
興味深いのは、集落毎に複数の人たちが一行を道路端に待ち受け
ており、その場所で喪主夫妻は車外に出て挨拶をすることだった。
予め、通過の予定時刻が各集落に伝わっているらしい。
やはり、シニア層が多いと見受けた。

立派な火葬場だった。今まで参加した中では最高だったろうね。

控え室で待つこと約70分、穏和なお顔だった義母は遺骨と現われ
た。いつも無常を感じる時だ。但し、今回は予て暗記しておいた
般若心経を心の中で唱えさせていただいた。いいお経だねえ。

この後の告別式の様子は、残念乍ら報告できない。
私は、昨夜から更に不調になった。カミさんも元気がない。
そうかと言って、この場所で焼いてもらうわけにもいかないし。
ということで・・、あの世への入り口から直帰させていただいた。

何とか、3時間近く運転して帰った。渋滞はなかった。
帰宅して、車内からの荷物を片付けもせずに寝込んでしまった。
体温は38度近く、足腰が自由にならない。無事故で良かった。









 

 

 

« 出来るならこんな往生したいもの | トップページ | 大合唱水の舞台に姿なし »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 出来るならこんな往生したいもの | トップページ | 大合唱水の舞台に姿なし »

無料ブログはココログ

お気に入りの本