2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« ここだけはどう眺めても隔離部屋 | トップページ | 部品の名大型免許は役立たず »

2019年6月21日 (金)

アクセルを踏む度つねるオレの頬

  1ヵ月半ぶりに車を運転した。
所用とガソリン補給のためだが、もちろん運転は家の近くだ。
運転をしなくても住む地域だと思うが、車と免許証があれば
運転する機会は発生する。怖いばかりじゃ何も始まらない。

普段は何気なくハンドルを握るのだが、最近の高齢者による
交通事故が多いと言われているので、少しは緊張したかも知
れない。

高齢者の事故は、アクセルとブレーキを踏み間違えることが
多い。まさに目的とは真逆の行為を行うのだから始末が悪い。
それに右折事故も多い。

自分だって、いつも事故に遭遇するかわからない。
けれど、自分が事故の原因をつくりたくない。
そんなことを考えながら運転していた。
アクセルを踏み込む度に「暴走じゃないね」と、頬をつねっ
て確認したい気分だった。







« ここだけはどう眺めても隔離部屋 | トップページ | 部品の名大型免許は役立たず »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ここだけはどう眺めても隔離部屋 | トップページ | 部品の名大型免許は役立たず »

無料ブログはココログ

お気に入りの本