2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« お猿さんホントにここはニホンなの | トップページ | 寄り添わぬ医者はいずれは淘汰され »

2019年6月 6日 (木)

ツバメ見て巣立ちできない子ら思う

   ワンちゃんと歩く朝の散歩、5時半にはシャッターを下ろした
商店街に入ると、某店のシャッター上の壁にツバメが巣が見える。

昨日の朝までは、3羽の口を開けたツバメの子が、動き回っている
のが見えた。親鳥はこの数日見えない。子育ては終わったようだ。

ところが今朝見上げたら、巣は空っぽで、静かだった。
どうやら、無事に巣立ちをしたんだ。元気で次の地へ渡って欲しい。
来年も顔を見せてね。待っているよ。

鳥の世界も、ちゃんと生まれて育たなければ置いていかれる。
まさしく弱肉強食の世界だ。棄てられた子らは死ぬしかない。

それに比べて人間の世界はどうだ。
成人するまで時間がかかる。成人しても自分で餌を採る(稼ぐ)ど
ころか、巣(家)に引き籠もって、老いた親のスネを囓る中高年も
多い。脳が大きくなったなった分だけ、本能であるべき自然界の厳
しさが薄れてしまったようだ。そんな事件が続発している。







 

 

« お猿さんホントにここはニホンなの | トップページ | 寄り添わぬ医者はいずれは淘汰され »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お猿さんホントにここはニホンなの | トップページ | 寄り添わぬ医者はいずれは淘汰され »

無料ブログはココログ

お気に入りの本