2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 部品の名大型免許は役立たず | トップページ | わずかだが満足させた良い報せ »

2019年6月23日 (日)

しっとりといつも舞台は北の街

   上越新幹線、羽越本線経由で山形県庄内、村山地方へ
1泊の旅行に出たのは7年前の6月21日だった。

日本海側のルートは、今度の地震で被害が出た地域だ。

ちょうどそんな折り、「麦屋町昼下がり」(藤沢周平著、
文春文庫)を読み終わった。上記を含む3編の短編集だ。
短編集は、夜中に覚醒して再度、寝付けないときの最良
の時間潰しだから、いつも枕元に何冊か置いてある。

彼の小説に接するのは何年ぶりだろうか?
旅行後に、記念館で紹介された長編小説を読んだ記憶が
ある。それ以来のことだろう。

小説中の殺伐とした斬り合い場面のも、読み終わると、
心に暖かい何かが残るような気がする。日本人だね。

私は、いつも、彼の小説の舞台を鶴岡に置いている。 
旅行後は、頭の中で鶴岡城趾、街並み、藩校、旧家など
を具体的に復元して小説を楽しんでいる。
それだけ鶴岡は魅力ある街だった。
もちろん、城趾内の藤沢周平記念館でタップリ時間をか
けて楽しんだ。
地震の被害が少ないことを祈る。

 

 

« 部品の名大型免許は役立たず | トップページ | わずかだが満足させた良い報せ »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 部品の名大型免許は役立たず | トップページ | わずかだが満足させた良い報せ »

無料ブログはココログ

お気に入りの本