2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 止める時期遅れ死なせた者は誰? | トップページ | なぜなんだネット使わぬ選挙戦 »

2019年7月11日 (木)

西洋の神も信徒に声かけず

   B大学のオープンユニバースティ講座、今日は4回目の開講日。

『遠藤周作の「沈黙」を読む』が今日の講義の主題。
「沈黙」のあらすじは・・
日本に潜入したポルトガル人司祭のロドリゴは、日本人信徒に
加えられる残
忍な拷問と悲惨な殉教のうめき声に接して苦悩し、
ついに背教の淵に立たされる。

西洋と日本の思想的断絶など、キリスト教信仰の根源的な問題を
衝き、<神の沈黙>という永遠の主題に切実な問いを投げかける
長編小説だ。仏教との比較など興味深く拝聴した。

それにしても、20数名のシニア層の受講生、集合が早い。
殆どの人が開講20分前に来る。
初日、開講10分前に教室へ入ったら、まるで遅刻したような気分
になった。仕方なく2回目以降は20分前に行くようにした。

今日は、開講40分前に教室へ入ったら、既に講師と受講生の半数
近くが教室で談笑していた。15分前には全員集合、開講時刻を15
分前倒して講義が始まった。
皆さん、勉強熱心か、それとも家に居場所がないかどっちかな?

 

« 止める時期遅れ死なせた者は誰? | トップページ | なぜなんだネット使わぬ選挙戦 »

講演会・セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 止める時期遅れ死なせた者は誰? | トップページ | なぜなんだネット使わぬ選挙戦 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本