2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 変わる世について行けない古狸 | トップページ | やっと来た真夏本番迎え撃つ »

2019年7月26日 (金)

スキーより野球で名前売る時世

 令和元年夏の高校野球大会、故郷長野県代表は県立の飯山高校に。
飯山といえば、私が4歳から19歳まで住んだ町だ。
並み居る私立の強豪校を抑えて、奥信濃の雪深い町から甲子園とは
感慨深い。

飯山高校は、数年前に地元3高校が統合されてできた学校。
私ら家族は、旧女子高(今は赤十字病院)の正門近くに住んでいた。
自転車乗りの練習はこの学校のグラウンドで行い、私の高校受験は
目的校が遠隔地だったのでこの学校で受けた。故越路吹雪が卒業し
ている。プラタナスが学校全体を囲む風情あるキャンパスだった。

男子校は以内の北にあり、ここが統合後の校舎になっている。
中学の同級生は大半はここの卒業生だ。
雪国だけに、スーキー競技にはそうそうたる選手を輩出している。

飯山から東京まで、片道7~8時間かかった鉄道も、今では新幹線で
1時間半、世の中がすっかり変わった。スキーの強豪校が野球で名を
なしても何らおかしくはないご時世だ。それに初出場の公立高校だ。
甲子園での活躍を祈る。私の現住地の代表は未だ決まらない。

今年の夏は楽しみだね。








« 変わる世について行けない古狸 | トップページ | やっと来た真夏本番迎え撃つ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 変わる世について行けない古狸 | トップページ | やっと来た真夏本番迎え撃つ »

無料ブログはココログ

お気に入りの本