2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 江戸・明治あいだに深い溝がある | トップページ | 異常なし実感湧かぬこの身体 »

2019年7月 4日 (木)

神様は信者だけしか救わぬか

  オープンユニバースティ3日目のこの日、大雨の中を歩いて
登校した。会場に着く頃には、ズボンの膝までビッショリ!
どうも、この日のお天気の最悪の場面に遭遇したようだ。

今日のテーマは、遠藤周作の名作「『わたしが・棄てた・女』
を一緒に読む」だった。本書は1963年、「主婦の友」に連載
された。

文庫本の裏表紙には以下のように書かれている。
 “大学生の吉岡が躯を奪って棄てたミツは、無垢な田舎娘
  だった。その後、吉岡は社長の姪との結婚を決め、孤独で
  貧乏な生活に耐えながら、彼からの連絡を待ち続けるミツ
    は
冷酷な運命に弄ばれていく。人生を信じた無垢な女の生
  き方が、読む人すべてに本物の愛を問いかける。遠藤文学
    の傑作のひとつ”

今日の講師は、本書のさまざまな解釈を紹介された。
作者が宗教(カトリック)上で、何を訴えたかったかは、私に
はよくわからなかった。ミツの生き方が神にもっとも近いのだ
ろうか?ジックリ見直す必要がありそうだ。

 

« 江戸・明治あいだに深い溝がある | トップページ | 異常なし実感湧かぬこの身体 »

講演会・セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 江戸・明治あいだに深い溝がある | トップページ | 異常なし実感湧かぬこの身体 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本