2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 足下を見ろよ上から語る人 | トップページ | 真夏日は朝が勝負だパズル解く »

2019年8月16日 (金)

知らぬ間に破滅の道へ引き込まれ

   昨夜のNHKスペシャル『全貌「二・二六事件」』(総合、午
後7時30分から)は興味深かった。

放送によると・・
事件の全貌が記録された海軍の機密文書が、新たに見つかったと
言う。この極秘文書によると、海軍では事件の発を事前に掴んで
いたそうだ。
それにしても、海軍の情報収集能力は凄かった。
これだけの情報網を、開戦防止に活かせなかった罪は大きい。

惜しむらくは、同じ軍隊でありながら情報が軍部全体で共有でき
ず、事件を未然に防ぐことができなかった。
陸海軍の縄張り意識、陸軍組織の硬直化が大事件に繋がったと思
う。

それにしても、陸軍の指揮・命令系統や責任の所在は完全に老朽
化していたようだ。こんな状態のまま太平洋戦争に突入して行っ
たんだ。

形はまったく違うが、今の中央官庁の高級官僚は、旧軍の上層部
に似ていると思うがどうだろうか?
情報を隠す、責任をとらない、首相を忖度する、その他諸々の不
祥事。

知らぬ間に、彼らは国を誤る道に国民を誘導していないかと考え
ると恐ろしい。国民の政治離れが彼らを有利にしている。
いい番組だった。


 

 

« 足下を見ろよ上から語る人 | トップページ | 真夏日は朝が勝負だパズル解く »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 足下を見ろよ上から語る人 | トップページ | 真夏日は朝が勝負だパズル解く »

無料ブログはココログ

お気に入りの本