2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« ニッポンを親の仇にしてるミス | トップページ | まず人を替えれば風の向き変る »

2019年9月16日 (月)

女作家堅い紙面の性描写

   日経新聞朝刊(2017年9月6日~2018年9月2日)に
連載された「愉楽にて」(林真理子著、日経新聞社版)を
読み終わった。

大手業界新聞社の連載小説なら、経済界の動向などが多少入
ってるのかと思ったら、それらの箇所は皆無ではないが、
そんな期待とは全くかけ離れた小説だった。

中年の日経読者を意識した、50歳前半の男性2人が主人公。
彼らは高学歴、高い教養、生まれながらの資産家で、50代
で半リタイア、悠々自適名な生活を送っている。

舞台は東京、京都、シンガポールなど、着物、茶道、オペラ
などへの作者の深い造詣にも触れられる。

でも、物語は彼らの女遊びが次々と展開されていく物語だ。
官能的な部分も多い。林真理子さんのペンにも驚かされる。
その部分の描写も、男性一律のような気がするのは、やはり
作者が女性だからかな・・とも思う。

いずれにしても、これでもか、これでもかとわが世界と異質
な環境で繰り広げられるストーリーは、夢を見ているような
気分にさせてくれる。500頁に及ぶ本だ。



« ニッポンを親の仇にしてるミス | トップページ | まず人を替えれば風の向き変る »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ニッポンを親の仇にしてるミス | トップページ | まず人を替えれば風の向き変る »

無料ブログはココログ

お気に入りの本