2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 孫に手を引かれるジイが護衛役 | トップページ | 年重ね裏の紅葉が気を鎮め »

2019年11月29日 (金)

比較するだけで失礼元総理

 中曽根康弘元総理が101歳で亡くなったそうだ。

この人の話を、この人の面前で聴いたことがる。

当時、中曽根氏は田中角栄政権の通産相だったと思う。
見たのは、都内のホテルで行われた業界団体のイベント
会場だった。

氏から聴いたことは大方忘れたが、最後に言った「田中
内閣をよろしく」と言ったことは鮮明に覚えている。

端正で背が高く、平べったい顔を今でも私の脳裏に甦る。


主義主張は私は氏とは異なるが、国鉄改革など立派な業績
を残された
と思う。今のJR東の隆盛はその結果だと思う。

「桜を見る会」で揉めるどこかの国の首相とは格段の違い
だと思う。総理も小粒になったものだ。


« 孫に手を引かれるジイが護衛役 | トップページ | 年重ね裏の紅葉が気を鎮め »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 孫に手を引かれるジイが護衛役 | トップページ | 年重ね裏の紅葉が気を鎮め »

無料ブログはココログ

お気に入りの本