2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 認知症朝飯前に蹴っ飛ばす | トップページ | 早起きがちょっと損する好ゲーム »

2019年11月16日 (土)

この秋もいつもの笑顔米の飯

  カミさんの実家を継いだ義弟夫婦が新米を運んで来てくれた。
彼が丹精込めて作った新米120kg、ありがとうございました。
いつも笑顔で朗らかな義弟、これで1年間お米の心配なし・・。

この日のタイトルは「いつも月夜に米の飯」をベースにした、
句は「いつも月夜で白米を食べられれば天国だ」の意味。
また「そんな気楽なことが続くわけがない」との意もあるという。

お陰様で、わが家にとっては米の飯は毎日食べられる。
さらに、年に数度は義弟夫婦の笑顔や心配りに救われる。
まさに天国の生活だね。感謝している。続いてほしいと思う。




« 認知症朝飯前に蹴っ飛ばす | トップページ | 早起きがちょっと損する好ゲーム »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 認知症朝飯前に蹴っ飛ばす | トップページ | 早起きがちょっと損する好ゲーム »

無料ブログはココログ

お気に入りの本