2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 文春砲政権内部の不倫撃つ | トップページ | 微かな陽よくこれだけの本書けた »

2019年12月12日 (木)

適当な距離で仲良しジイと孫

    2週間ぶりに都下に住む娘宅へ行った。

夕方のお稽古教室へ行く孫娘Hの護衛役として・・
日中は暖かだったが
、陽が落ちる頃は冷たい風が吹いて身
を切られる思いだった。

しかし、いつもの事ながら朗らかなHには気持が救われる。
小学校の3年生、幼いころからスポーツ教室に通い、今で
は水泳は自由形で50mを泳げ、跳び箱は8段を飛び越える。

いざ、娘宅出発となると、身支度は素速く歩きは速い。
混雑する駅や駅構内では、さりげなくジイの手を握る。
これじゃ、どっちが護衛役か分からないね。

今回は娘宅でHと1時間半、ユックリ話ができた。
友だちなどの悪口を言わず、泣き言も言わない。
楽しいことを明るく話す。良い面ばかりが目についた。

このまま素直に育ってほしい。応援しているよ!






 

« 文春砲政権内部の不倫撃つ | トップページ | 微かな陽よくこれだけの本書けた »

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 文春砲政権内部の不倫撃つ | トップページ | 微かな陽よくこれだけの本書けた »

無料ブログはココログ

お気に入りの本