2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 散髪も千円札で足が出る | トップページ | 借り出しも延期したいが知恵が要る »

2020年1月16日 (木)

ぼけますと言ってよろしく頼む母

  「ぼけますから、よろしくお願いします」(信友直子著、
新潮社版)
は、フリーのテレビディデクターである筆者の
母親が、2017年正月に実際に筆者に言った言葉だそうだ。

そんな書き出しで始まる本書、父親は90代、母親は80代
半ばの2人暮らし。筆者(娘)は東京で働いている。

母親は85歳のとき、アルツハイマー型認知症と診断された。
娘から見た、父親が母親を介護する老々介護、介護保険の
適用など、実際の生活を通して描いたドキュメンターだ。
テレビでも放映され、
映画にもなった。読みやすい本だ。

私は本書の父親を自分に重ねて読んだ。自分だったらどう
するか?

カミさんも読みたいと言うので、渡したら読み終わったよ
うだ。カミさんの読後感は未だ聞いてない。
願わくば・・、筆者の母親に重ねてもらいたいと思う。
自分だったらどうしたいか? 


 

« 散髪も千円札で足が出る | トップページ | 借り出しも延期したいが知恵が要る »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 散髪も千円札で足が出る | トップページ | 借り出しも延期したいが知恵が要る »

無料ブログはココログ

お気に入りの本