2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 意に反し未払い残す治療代 | トップページ | 皇帝もドイツに行けば子に悩み »

2020年1月13日 (月)

堂々がこそこそになる安倍色紙

    只今断捨離実行中、特に「捨」が多い。
そんな作業中に色紙が3枚出てきた。

うち、2枚が先日亡くなった元総理大臣の中曽根康弘氏の
もの。残りの1枚が元大関の小錦の手形だった。

中曽根氏の1枚には「正気堂々」とあり「康弘」の署名がある。
もう1枚の8文字のうち1字を残念ながら読めなかった。
署名は「内閣総理大臣 中曽根康弘」と書かれている。
どちらの花押も同じだから、両方とも氏の直筆だろう。

会社勤めの時、地方回りが多かったから、群馬県の契約先で
いただいたものだ。

私は、氏のシンパではなかったが、氏は戦争体験もあり、戦
後政治に大きな足跡を残されたものと考えている。

今の安倍首相、果たして「正気堂々」と胸を張って言えるだろ
うか? 首相はじめ閣僚も中曽根政権に比べれば小粒になった
ものだ。色紙は大切に保存しよう。

 

 

« 意に反し未払い残す治療代 | トップページ | 皇帝もドイツに行けば子に悩み »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 意に反し未払い残す治療代 | トップページ | 皇帝もドイツに行けば子に悩み »

無料ブログはココログ

お気に入りの本