2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 船1艘押さえ込めない危機管理 | トップページ | これがまあ救出劇か泥の縄 »

2020年2月11日 (火)

もしかして愛別離苦の当たり年

    今日は元ヤクルト監督の野村克也氏の訃報が入った。
400勝投手の金田正一氏も亡くなったばかり、往年のプロ
野球名選手の鬼籍入りが続く。一時代を築いた人たちだ。

夕方、信州の実家から電話が入った。
亡母の弟(叔父)の訃報だった。享年90歳。
私の母は6人弟妹の長女、亡くなった叔父は長男だった。
私は母方の叔父と叔母の中で、この叔父が1番好きだった。
いつも微笑んでいて穏やかで、こちらの話もよく聞いてく
れた優しい叔父さんだった。

もう、あの笑顔に会えないと思うと寂しい。ご冥福を祈る。
今年は元旦から親しい人の訃報が届く。愛別離苦は続く。



« 船1艘押さえ込めない危機管理 | トップページ | これがまあ救出劇か泥の縄 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 船1艘押さえ込めない危機管理 | トップページ | これがまあ救出劇か泥の縄 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本