2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« ご回復聞いてなごむね春の朝 | トップページ | 声援がなけりゃ押しても押し出され »

2020年3月21日 (土)

その課題私のものでないと言う

    いつもの公共図書館、新型コロナウイルス騒ぎで今月末日
まで休館が延長された。手元の未読本の在庫が底をついた。

仕方なく買ったのが「70歳からの人生の流儀」(岩井俊憲著、
毎日新聞出版)だ。
本書のサブタイトルに「アドラーに学ぶ」とある。
アドラーに心酔している私として、何かアドラー流の新提案
を期待していたのだが、どうも杞憂に終わったようだ。

ただ、アドラーの言葉に「他人の課題に踏み込まない」とい
う教えがある。
問題が発生した時「その問題は自分自身の課題か?」と問う。
そうでないなら、解決は当人の責任ですべきというわけだ。

問題とその対応策の具体例を知りたいと思う。


« ご回復聞いてなごむね春の朝 | トップページ | 声援がなけりゃ押しても押し出され »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ご回復聞いてなごむね春の朝 | トップページ | 声援がなけりゃ押しても押し出され »

無料ブログはココログ

お気に入りの本