2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 声援がなけりゃ押しても押し出され | トップページ | 群れないで孤高を守る桜花 »

2020年3月23日 (月)

どうしよう明日はわが身とつまされる

 この日の午後10時からのNHKテレビ「タイムリミット
迫る一人暮らしを諦める時高齢の親が下す決断は子どもは
どうする!?」を興味深く見た。
結局、決定まで紆余曲折があったが最後は娘との同居を選
んだ。

確か89歳の一人暮らしの母親が、これからどうするか?
を決断する経過を辿った番組だった。
娘は夫婦2人で東京のアパート暮らしだ。
お試し同居を行ったという。幸い幸い婿さんが面倒見の良
い人で、同居のルールをはっきりさせれば居心地は良かっ
たらしい。お試し同居の後は施設の見学をした。

私だったら、経済力があれば施設への入居を選んだと思う。
カネが全てだとは思わないが、子どもに負担をかけたくな
ければカネでサービスを買うことになる。今はそうした時
代だ。この人は夫が残した家を売るそうだから、経済力は
それなりにありそうだ。母娘関係も良かったに違いない。

各人各様の老後だ。幸不幸は各人の気持次第だから他人が
とやかく言うことではない。今後のご多幸を祈る次第。

感心したのは、この人は「決断後、先は短いが夢がある」
夢のためには過去を精算しなきゃ」と思い出の写真を破っ
ていたことだった。きっと新しい舞台でも前向きに生きて
いける人だと思った。





« 声援がなけりゃ押しても押し出され | トップページ | 群れないで孤高を守る桜花 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 声援がなけりゃ押しても押し出され | トップページ | 群れないで孤高を守る桜花 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本