2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« そう言えばこんな人もいたわが春に | トップページ | 雉子若し春の彼岸をかきわけて 中山純子 »

2020年3月18日 (水)

反対のための反対確か居る

    昨秋の台風で、住んでいる住宅地の側溝の水が溢れた。
数件の家が床下浸水の被害に遭った。(わが家の被害なし)

今年の自治体役員が奔走し、側溝に塀を設置する防水対策
工事の認可を市から取り付けた。
役員が住民に説明したところ、側溝近くの2軒だけが反対
した。2軒とも反対理由は明瞭でなかったという。

1軒は「税金の無駄遣いは止めよう」と言ったそうだ。
もう1軒は、いつも提案に反対ばかりしているお宅という。
私も現場を見たが、どこのお宅も塀の設置で困る理由は見
当たらない。

わずか30棟足らずの住宅地でこの有様だから、もっと規模
の大きい住宅団地やマンションで住民の意見をとりまとめ
るのは大変だと思う。

本年度の自治会長は比較的居住暦が短く、家も新築、しかも
若い(他の住民と比較して)、そんな役員に反発したのかも
知れない。旧民は1年交代で問題を先送りしてきたから・・。

 

« そう言えばこんな人もいたわが春に | トップページ | 雉子若し春の彼岸をかきわけて 中山純子 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« そう言えばこんな人もいたわが春に | トップページ | 雉子若し春の彼岸をかきわけて 中山純子 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本