2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月31日 (日)

倦怠感飛ばす晦日のクスリ切れ

   今日の最大の喜びは「がん処方薬」を飲みきったこと。
先月末、大学病院で処方された30日分のホルモン療法の薬だ。
全身のだるさ、倦怠感、無気力感、吐き気など将に苦役30日
間だった。

早いもので今日は5月晦日、気分が晴れて6月を迎えられる。
これで7月のがん検診で主要マーカが下がっていれば、暫く
穏やかな日々が過ごせるはずだ。

世の中は新型コロナウイルス一色で大騒ぎだ。
緊急事態宣言解除でも、ウイルスがゼロになるワケじゃない。
いつでもどこでも自分が感染するリスクがあるから、用心に
用心を重ねるに超したことはあるまい。
 まだまだ、お付き合いも不義理が続きそうだ。



2020年5月30日 (土)

一強のトドメとなるかハッシュタグ

  ネットによると、首相官邸内も一枚岩ではないらしい。
そんな折、今度はツイッターで「#さようなら!安倍総理」が
呟かやかれているらしい。真意不明だが、女優の小泉今日子さ
が提唱したという。私もツイートしようかな!

今度はどんなウネリになるのだろうか?
内閣支持率が27%のアベさん、この危機を乗り切れるのかな?
 「ウソにウソ重ねて積んだアベタワー」
いつか潰れる時が来る。

新コロナ禍一色の世間だが、そんな人間世界に関係なく季節は
移っていく。自宅裏の水田の稲の苗も1ヵ月で大分伸びてきた。
この水田の持ち主が畑でなにやら穴を掘っていた。
聞けば、里芋を植えたけど一部芽が出なかったという。「プロ
でもそんなことがあるんですか?」とお訊きしたら「上手な手
から水が漏れるんだ」とご返事があった。自然も厳しい。

  

 

2020年5月29日 (金)

これがあのアベノミクスの給付金

 今日の午後、1人10万円の給付金の申告書用紙が届いた。
届いた書類を見て「なるほど、この処理じゃ人ではかかるし、
給付まで時間がかかるのは当然だね」と思った。

申告書の様式、印刷、発送に加えて、記入済みの申告書を入
力しチェックするのに膨大な時間がかかるはずだ。
20数万人の市民なら何人の処理要員が関わっているのだろう?

マイナンバー、住民登録、銀行口座などのシステムが有機的
に紐付けされていないため、本来ならチェック済みの入力デー
タを使えば短時間に処理できるのに、全てのプロセスで入力
作業やチェックが発生する。

日本は、税の徴収業務は慣れていても、給付業務には慣れて
いなし、IT化も進んでいない。アメリカなどとは比較さえで
きない粗末さだ。 これじゃ急場の支援を必要としている人
たちを救えないよね。

2020年5月28日 (木)

買物の夫婦妬かせるコロナ禍

 私は買物は嫌いだ。
でも、最近はカミさんと近くのスーパーへよく出かける。
コロナ禍で店から、買物は3日に1回、人数は少数でと
お願いされているからだ。結果として、当然、1回当た
りの買物量が多くなる。


カミさんが品物を持ちきれないので、私が運搬係で同伴
を命じられるというワケ。歩いて往復10分、車で行く距
離で
はない。

ご近所の方々は買物に行くわが夫婦を見て、仲睦まじく
見えるらしい。ご当地も連れ合いに先立たれた高齢者が
多く、それも高比率で女性が多い。こうした高齢の単身
者からカミさんがやっかみ半分に冷やかされるワケだ。
別に、わが夫婦はこうした方々に反論はしない。
言われても悪い気がしないからだ。

今日も、カミさんは〇〇さんに「仲いいね」と言われて
ニコニコしていた。私の本音は「余り買わないでくれよ。
手首が腱鞘炎になりそうだ」と言いたいんだけど・・。

2020年5月27日 (水)

コロナ明けよりも楽しいクスリ明け

    がん治療の対処薬30日分を飲み続けて今日で27日目、
あと3日
で飲み終わる。登山で言えば頂上が目の前だ。

この時期が一番きつい。
いろいろな副作用の中でも、特に身体のだるさがピーク
になる。この辛さに耐えると目の前が明るくなるはず。
主要マーカは確実に下がり、身体に元気が戻る。

年2回は、この薬を服用するから、私の1年は残りの10
ヶ月を楽しく生きることだが大切だと思っている。
その薬開けも数日後に迫った。頑張ろう!






いつの間に活字離れかコロナ禍

    いつもの図書館が徐々に元に戻るようになってきた。
25日からは毎日の入館が可能になった。
但し、館内図書の閲覧や借り出しはダメ、予約本の受取りは
可能の制限がある。早速、予約本が届いたとの連絡があった。

受取り時間には制限があり、私のカード番号では午前中だけ
が受取り可能だ。6月の中旬には元に戻りそうだ。

新コロナ禍の影響で、私の読書習慣も大分様変わりした。
長編小説や小難しい本を読むのが億劫になった。
結果、短編モノに手を出すことになった。

読書時間が減った分、スマフォ、タブレッドを手にする機会
が大幅に増え、特にニュースは殆どが情報端末で入手、新聞
やテレビは読む量や観る時間が減った。
パソコンに接する時間も減り、メールは溜まる一方だ。

はやり活字を追う習慣は減らしたくないので、できるだけ読
書は続けたい。自分で考える、自分で想像するためにも・・。


 

2020年5月26日 (火)

またかいな!ウソと自慢のご会見

  昨夕の総理の記者会見、いつもの通りのお言葉だった。
記者からの質問も深い切り込みがなく、平板な会見だった。
新コロナ禍の緊急事態宣言解除の後にも関わらず、アベノ
マスクも10万円も音沙汰なし!
これが彼のスピード感なんだね。

さて、昨日続き・・。地元の特定郵便局へ行った。
昨日は9時で閉店中で用が足りず、今日は仕切り直しだ。
1つ用を済ませて11時頃に窓口に並んだ。
10人も入ればイッパイの部屋、列の並びを2mとれば、列
が2~3人を超えれば後ろは屋外にはみ出してしまう。
部屋には既に7~8人はいた。

数少ないベンチも密着状態だった。仕切りは窓口と待合室
の間だけ、他に手の殺菌スプレーが置かれていただけだ。

この手の局は全国的に多いはずだ。いたずらに営業時間の
短縮するより、客を分散させる方式をとるべきだと思う。
二度手間の郵便局、多少の腹いせも混じった文章となった。




2020年5月25日 (月)

早起きでコロナ避けてる老いの智恵

    地元の特定郵便局へ行った。
朝の9時に行ったら、コロナ禍で10時に開くとある。
閉店時刻の繰り上げは分るが、開店時刻の繰り下げが逆に
狭い局内は混雑するはずだ。明日に出直して検証しよう。

コロナ禍で、朝6時に開く近くのスーパーは8時開店になっ
た。カミさんと買物に行く時は9時頃だ。
店内は、来客が少なく買物はスムース、時には商品の値下げ
作業に遭遇し、思わぬ幸運に恵まれることもある。
もちろん、コロナ禍を免れる割合は高くなる。
この時間帯の客層はシニアが目立つ。

言いたいことは、開店時間の短縮も結構だが、逆に混雑を招
いてしまっては本来の目的から外れてしまう。

地域は高齢化で早起きのシニアだらけだ。郵便局も早く開け
てくれれば、朝に行くシニア層も多いだろう。来店客の分散
に役立つはずだ。
一律で決めるのは地域の実状を考えていないんだね。

 

2020年5月24日 (日)

ベランダでせめて自粛の憂さ晴らし

  キャンプ用のテーブル、椅子をベランダに揃えた。
緊急事態宣言中の当県。多分、明日には指定は解除される
だろうが、外出状況が元に戻るのは時間がかかりそうだ。

それに暖かくなって来た。緑もイッパイ(外から遮蔽できる)
前面に簾を掛ければ気分は高原気分だね。

・・と言うワケで、条件が良ければ露天で食事を摂ることに
した。今日は3食をベランダで摂った。
食事のお茶の味は格別!

夕方は、西風が強くなり寒くなったので早々に引き上げた。
これからが楽しみだ。


2020年5月23日 (土)

文春砲麻雀牌で首を取り

  週刊文春による賭け麻雀報道で、東京高検黒川検事長
が辞任に追い込まれた。
「余人をもって代えがたい」人材にしては、随分、お粗末
な結果になったものだ。任命権者の説明がほしいところだ。

賭け麻雀、賭けゴルフなどは、一般社会ではごく普通のこ
とだが法律上は立派な犯罪行為だ。こんなことは殆どの社
会人が知っている。こんな脇が甘い男がトップ(横綱)に
なれるわけがない。
検察のNo.2がこれでは余人もクソもあるまい。

それにしても、文春さんよく特ネタを取ってくるね。
文春砲の次の銃口はどこに向いているのかな? 楽しみだ。

裏を返せば、その他のメディアの奮起を望む次第だ。

 

2020年5月22日 (金)

この秋か?必ず来るぞ殺人鬼

    定例の検診日、かかりつけ医に新コロナウイルスに
ついて
いろいろご意見を伺った。

中国の武漢で発生した新コロナウイルス、中国沿岸部
の都市を経て、ドイツ人がドイツへ持ち込んだ。
その後、ヨーロッパ諸国へ遺伝変えて蔓延して行った。
様々な遺伝子に変わった新コロナウイルスが各国に蔓
延染する様子がグラフされている。グラフを拝見した。
凄まじい感染力だね。

一方、アメリカも別の変わった遺伝子を持つ新コロナ
ウイルスが伝染、このウイルスは多くの人の命を奪う
ウイルスだという。

お話しを聞いていて、わが国も2次感染を厳重に警戒
しなければと思った。新コロナウイルス感染の移動図
を見る日本は殺人遺伝子を持つウイルスの未開国だね。
特に、アメリカで蔓延しているウイルスは厳重な防疫
で防御すべきだ。現状が落ち着いたら2次感染に備え
て、特に医療システムの強化が急がれる。

本来の診察は5分足らず、新コロナウイルスについて
30分以上も時間を割いていただいた。
お待ちの患者さん、ごめんなさい。

2020年5月21日 (木)

幸不幸われ関せずと木は伸びる

 朝、市内の中心部へカミさんと所用で出かけた。
行きは電車、案外早く用が済んだので帰りは歩いて帰る
ことにした。約45分かかるはずだ。

帰路の途中、テイクアウトで昼食用のハンバーガーセッ
トを購入、次いで、最近、奥さんを亡くした知り合いの
お宅へ寄ることにした。その後の様子はどうだろうか?

生憎、お宅は留守。
ビックリしたのは、お宅がすっかり木々に覆われていた
こと。庭木が生い茂り、玄関まで少し屈んで歩かないと
行き着かない。庭木の手入れは皆無とお見受けした。

几帳面な人だと伺っていたが、奥さんを亡くされて気落
ちしたのだろうか?気持まで落ち込んでいないか心配だ
った。


 

 

2020年5月20日 (水)

郷土愛今年はガマン甲子園

   今年の夏の高校野球(甲子園)が中止になった。
猛練習を重ね来た選手諸君の悔しさは十二分にわかる。

高校野球のファンは、地方から都会に移った人ほど愛着が強い。
熱狂度は、都会から離れる距離の何乗かに比例するそうだ。

それだけに予選や全国大会の中止は、全国的に寂寥感が漂う。
多くのスポーツ大会が中止になって、やっとそのありがたさ分
る気がする。

夕方、憂さ晴らしに、風呂に浸かりながら母校の応援歌を歌う
のが習慣になりそうだ。早く去れ去れコロナ禍!

 

2020年5月19日 (火)

燃え尽きた後に来るよな消防車

  私は(カミさんも)マイナンバーカードを持っていない。
政府を信用していないから、意識して作らないんだ。
個人情報を政府に握られることはいやだし、今回はそれに、
以下のシステム障害が加わったから、ますますマイナイバー
カードが嫌いになった。

案の定、1人10万円の給付金のオンライン申請で役所の窓口
が混乱していると聞く。

会社の情報システムの構築に、初期から携わった経験からし
て、既存のシステムに別のシステムを紐付けするのは、大変
な労力と時間がかかる。具体的には、マイナンバーカードに
住民基本台帳を紐付けることだろうと思われる。
データのチェックに膨大な人手がかかるはずだ。まして短期
間の処理を迫られている。初めから申請書の郵送方式だった
方が良かったかも知れない。
役所の担当者の皆さん、ご苦労様です。

マイナンバーカードシステムに給付金対応が考慮されていな
かったんだね。縦割り組織の典型例がこの騒ぎだ。




2020年5月18日 (月)

数だけで決めてはならぬ壁崩れ

   検察庁法の改正が今国会で成立が見送りになった。
私も「#検察庁法改正に抗議します」に賛同したので胸を
なで下ろした。選挙で自分が投票した候補者が当選した気
分だ、直接、改正法の成立を阻止できたのは嬉しい。

それにしても、コロナ禍のドサクサに紛れて改正を謀ると
は国民を愚弄して余りあるやり方だと思う。

首相にこんな姑息な手段を提言したのは誰だろか?
裏で糸を引いている輩がいるはずだ。KYでこれに乗った首
相も首相だが・・。引き続き厳重な監視が必要だネ。

はやり長期政権は弊害が多いようだ。

2020年5月17日 (日)

悔しさが滲む延期のご連絡

  予想はしていたが、やはりイベントは延期になった。 
3月に申し込んだ貝塚遺跡の講座。4月が5月に、5月が6月
に延期になった。この延期で中止でないのが何ともいじらしい。

発掘調査が終わり、国の遺跡に指定された市内の貝塚遺跡の講座
で今週に予定されていた。コロナ禍もしつこいネ。

どなたが講師をされるかわからないが、いつもの学芸員の方だっ
たら、万を満たしてヤル気十分なのに延期延期じゃたまらんよね。
ご同情申し上げます。


2020年5月16日 (土)

病院へ回せコロナの防護服

  いつも利用してコロナ禍で閉会中だった公共図書館が開いた。
開いても、閉館前に予約中だった本の受取りだけしかできない。

更に利用制限がある。
入館できるのは、利用日がカード番号の下1桁に該当する者だ
け。昨日が開館初日で番号は0、私は1だから2日目の今日に
なる。それでも予約本2冊が借りられたのは嬉しい。

入口から貸出しカウンターまで左右侵入禁止の応急壁、ビニー
ルで囲まれたカウンター。利用カードを直接、館員が手を触れ
ないように考えられた提示方法、極めつけは病院の医療関係者
に劣らぬような館員の防護服。手にはゴム手袋を付けている。

全国が緊急宣言中も、検査、診察で大学病院や医院を訪れたが
これだけの警戒レベルは珍しい。
待ち時間に指定の位置から外れて立っていたら、きつく注意さ
れた。同じ注意でも病院の方がはるかに優しかったね。

多くの人には前代未聞のコロナ禍、その対応も様々、勉強にな
るね。さて、借りてきた本でも読むとしようかな・・。

 

2020年5月15日 (金)

慣れてないテイクアウトにレジ悲鳴

    午前中は所用でカミさんと車で出かけた。
昼食は全国チェーンのファミレスのテイクアウトメニュ
ーにしようと、
出かける前にメニューを注文しておいた。

約束の時刻に料理を受取り、家で美味しくいただいた。

いいただきながら、ふと気がついた。
注文時に計算した支払予定金額と、カミさんが支払った
金額に違いがあることを・・。支払額が多かったんだ。

さっそくレシートをチェックした。
すると、注文した覚えのないメニューが打たれている。
「ヒレカツ 唐揚弁3コ、大盛りライス2コ」とある。
もちろん、こんなモノを受け取ってはいない。

電話して説明し、再度、訪店して返金してもらった。
他のお客さんの伝票を、当方の伝票と一緒に打ち込んで
しまったという。こんな経験は初めてだ。それに支払時
に確認をしなかったこちらも反省しなければネ。

頼みもしないのに、店はミスのお詫びとして25%の値引
きをしてくれた。大幅な値引きよりこんなことがない方
が嬉しいよネ。

これも、慣れないテイクアウトなんて始めるからかも。
コロナ禍に関係する出来事かも。











2020年5月14日 (木)

本人はアベノマスクを外してた

    新型コロナウイルスの特措法による緊急事態宣言が39県で
解除された。当県は39県に含まれないので宣言は継続だね。

TVで午後6時から首相による記者会見を視聴した。
そう言えば、安倍さんマスクをつけていなかったね。
アベノマスクの配布率は、まだ低率(6%くらい?)らしい。

記者会見ではたいそうな事を仰っているが、いつもの事ながら
聞く者の胸を打つモノが感じられないのは私だけだろうか?
お口滑らかだが
中身の実行は遅い。

ただただ、大規模な2次感染が起こらないように祈るばかりだ。
宣言解除の結果が凶と出ても責任をとらない安倍首相、引き続
き彼の言動を注視していこう。


 

2020年5月13日 (水)

経済に義理人情交ぜて出る味

  義理と人情はどう数値化されるのだろうか?
そんな思いで購入した「義理と人情の経済学」(山
村英司著
東洋経済新報社)が面白い。

まあ、お堅い議論は横に置き本書のエピソードちょっとだけ
紹介しよう。
本書には著者の研究エピソードは山盛りだ。

甲子園の全国高校野球大会のファンは・・
“大都市居住者で故郷からの距離
が遠いほど、故郷チームの勝
  勝利が幸福度を引き上げる。つまり、地方から遠く離れた大
  都会で生活を始めた人たちが高校野球のファンなのだ”

大相撲で活躍する力士は・・
“職探しに困難な地方や東京から離れた地域出身の力士は現役
  時代が長く、地位も高くなる。育った地域が力士の活躍にも
  影響する”

男性や女性の価値観は・・
“育った環境に影響される。小学校1年生時の担当が女性だっ
  た男性は、大人になってから企業の社会的投資を重視するよ
  うになる

 

2020年5月12日 (火)

これがまあ新生活か手を洗う

  政府から、コロナ禍の緊急事態解除後の新生活様式の提案が
あった。
手洗い、うがい、マスクの着用、人と人との間隔など 
既にクセになったモノばかり、今更、新しいなんて言わないで。

昨夕の新聞に“「フレイル(虚弱)」予防のススメ”が載っていた。
外出自粛中の高齢者向けの3つの予防策の提案だ。
 1.運動 30分~1時間程度の散歩
 2.栄養 バランスの取れた食事
     特に、タンパク質を多く摂るようにする。
 3.社会参加
     遠くにいる家族に電話などして、自宅で社会参加できる
     ようにする。

自分に当てはめてみよう。
1と2は、コロナ禍以前から実行中だ。今のまま続ければいい。
3は全ての集合計画がキャンセルになり、家ではネット活用が中心。
離れた家族とはLINEで、その他はEメールで交流している。
これが社会参加とは思えないが仕方がない。しばしのガマンだね。




 

2020年5月11日 (月)

座したまま持って行かれるキャッシュレス

    自動車税をクレジットカードでネットで納付した。
現金を持って金融機関やコンビニに行く手間が省けて満足。
説明書に記載された手順で簡単に処理ができた。

ただ、処理をしているヤフーに処理料を払う必要がある。
インターネットで調べると平均で344円だそうだ。
クレジットカードのポイントが僅かながら処理料を上回る
ので利用者には損にならない。事実、ポイントが上回った。

愛車は7月に車検だが、それまでには都道府県の納付手続
きは終わる。6月に車検を迎える車は要注意とのことだ。





 

2020年5月10日 (日)

マスク届く前に税金揃い踏み

  アベノマスク、楽しみに待っているが今以て未着だ。
もちろん、10万円は
音沙汰なし!
つまらんカネ使って、不良品のマスクなんか作るより、
新型コロナで資金繰りに苦しむ中小事業者を支援する
ことに少しでも使ったらどうかと思う。

一方、個人的には、税金の納付請求書が続々と届く。
請求する方は、税種や担当部署が異なるから、担当部
署から自分らの都合で送ってくる。
でも、払う方は一人だ。

確定申告で追加納税した。
加えて、今、手元には国保税、固定資産税、自動車税の
納付請求書が届いている。
毎年の事だが、支払いがズッシリのしかかる。

この様子じゃ、もらう10万円を支払いの税金の一部に充
てることにしようかなと思う。
今来ている税金の納付遅れは国の責任だね。

2020年5月 9日 (土)

おもむろにスマフォ取り出すポイント時

    カミさんと一緒に買物に行く。
近くのスーパーにチラシに、
買物は3日に1回などのコロナ
対策を勧める記事に従ったら、買物量が増えたからだ。

また、このスーパーは買上げ額じてポイントが付く。
今月末まで、スマフォのバーコードを提示すれば2倍のポイ
ントが付く販促を実施中だ。

ところが、客としてスマフォを提示するのが煩わしい。
特に、買物量が多い時、商品の他に荷物を持っている場合。

スマフォを取り出す、アプリを立ち上げる。
前以て、アプリを立ち上げておいても、カードより遙か重い
スマフォをポケットなどから取り出すのは億劫だ。まして客
の列がある場合などは尚更だ。
どうして財布に収まるカードを利用しないのかいつも思う。

雑誌類を整理して
いたら、「なんちゃらペイ」という記事が
あった。キャッシュレス決済の命運を左右するのは、決済速
度で、スマフォでQRコードの立ち上げから決済まで時間が
かかり過ぎて、現金決済より退化していると指摘している。

私には「なんちゃらペイ」を使うメリッドがわからない。
結局、払うカネは同じで手間ばかりかかるからだ。



2020年5月 8日 (金)

幾分か活気戻ったような街

   カミさんの付き添いで隣市の公立病院へ行った。
電車を乗り継ぎ、最寄駅から片道30程歩いた。
午前10時過ぎ、微風、快晴で快適だった。

この街へは、今日で1ヵ月間で3回目の訪問だが、
前2日に比べて人通りが増え、活気が戻ったよう
気がする。

銀行のATMにも列があったし、検査後に寄った中
華レスランもそこそこお客が入っていた。

何よりも、カミさんが「たまの外出もいいね」と
言ったこと、帰宅して「今日は楽しかった」と言
ってくれたことが嬉しかった。

しかし、夏日を思わせる陽の下、往復1時間のウォ
ーキングは疲れたね。





 

2020年5月 7日 (木)

お月様お分かりですかコロナ渦

    夕方、東の空にまんまるお月様が輝いている。
暦を見たら、今日は旧暦の4月15日で満月だ。
昼間は朝から暖かく空は澄み渡った1日だった。

立夏が今月5日だから、今は旧暦で夏なんだね。
大相撲夏場所もコロナ渦で中止とか、こんな地
球を月はどう見ているんだろうね。

また、旧暦ではこの年の4月が2回ある。1年が
13ヵ
月になるんだ。つまり閏月があるわけだ。

4月が閏月ということは、旧暦と季節(春から夏)
のズレが大きくなり、それを調節するためかな?

太陽暦とズレた季語が歳時記では見受けられる。
俳句と農作業が二十四節気に大きく関係している
らしい。



2020年5月 6日 (水)

閉塞感ブログのネタに苦労する

  相変わらずコロナ渦の報道ばかりが目につく。
テレワークの人たちや自宅待機の学童だけでなく、平素と
変わりない私でさえ何やら閉塞感がつきまとう。

ブログネタも同様だ。いわば枯渇の状態。
そうそう毎日、変化があるわけがない。これが普通なんだ。

図書館も5月中は閉館中だ。
仕方なく通販で買った本は、コロナ渦で到着が遅れている。

カミさんとスーパーへ行けば、定員さんの接客態度が横柄
になったような気がする。定員さんもイライラするようだ。

コロナ渦からの出口戦略で、政府と大阪府知事とでモメて
いる。政府にもっと謙虚さがほしいと思う。

まあ、ブログネタには困ってもイライラするのは止めよう。
「言いたいことは明日言おう」(ちょっと間を置こう!)



2020年5月 5日 (火)

亡き父の想い樹液か五葉松

   午後から雨の予報だったので、朝食後、庭木の剪定をした。
木は五葉松、私の家の新築祝いに亡き父から贈られたものだ。
この地に根づいて半世紀以上が経った。

丸く刈られた葉に新芽が一面に生えて、見栄えが良くない。
剪定鋏で丁寧に新芽を切り形を整えていく。
幼い時は、父がバリカンで子どもの頭を刈っていた。
そんな風景を思い出しながら、私は五葉松を刈り終わった。

新芽の時期、樹液が剪定鋏について取っ手がベタベタだ。
手袋にもついて洗っても取れなかった。
父の位牌が部屋から見守ってくれたのか、怪我もなく完了。

考えてみると、父親を思い出すことはあまりない。
ゴメンネ!








2020年5月 4日 (月)

なぜなんだコロナ検査の数言わず

   マスクも10万円も届かぬうちにコロナ渦の緊急事態
宣言が延長された。
感染者数の見通しには、検査数の実数把握が必須だと
思うが一向に発表される様子がない。

夕方、首相の記者会見を視聴していたが、心に残るもの
がないのでチャンネルを切り換えてしまった。
信用できぬ国のトップと役人、国会議員、彼らの言動を
見聞きする度に、つい本音が何か?・・と疑ってしまう。

彼らにスピード感がないことを痛感したコロナ渦だった。

取りあえず、わが家の生活には格段の変化がなさそうだ
から、冷静に事がどう展開して行くか見守っていきたい。


2020年5月 3日 (日)

田蛙の燃える命の夜となりぬ 小坂順子

  わが家の裏の田に水が張られたのは昨日、今日は田植え
が行われた。夏日を思わせる日射しの下、田植機のエンジ
ン音が響いてくる。

今、夜8時を過ぎたところだ。
蛙の合唱が始まっている。テレビの音声を掻き消す勢いだ。
人類はコロナ渦で四苦八苦、そんな世の中に関係なく、毎
年、確実に巡って来る自然のサイクルだ。 

いつも不思議に思うのだが・・
この田んぼは、秋に稲刈りが終わると一部は畑に転用され
大部分は乾いた田になる。蛙たちはどこで声を挙げるほど
に育つのだろうか? オタマジャクシも見たことはないし
合唱が始まっても、田に蛙たちの姿も見かけない。

さあ、今夜から蛙の合唱を子守歌にして寝ることにしよう。

2020年5月 2日 (土)

躓いた窪みが穴になった道

  わが家の裏から、向こうの農家までの40~50mの小道、
幅は1m弱だが、近くのマンションから駅までの近道でも
あり、結構、人や自転車の通行が多い。舗装され両脇は水
を張った水田だ。

2~3日前に、この道の中間地点で道路が陥没しポッカリ
穴が開いた。直径3~40cmくらい、子どもなら片足がス
ッポリ入ってしまう。

この穴が窪みだったつい先日、私は窪みに足を取られて転
倒した。危ないと思っていたら徐々に窪みが拡がり、つい
に陥没してしまった。

聞けば、道路下には近くの水路を結ぶ通水管が通っている。
現在は使われておらず、この管が破損して空洞ができたと
いう。この埋め戻しに大型の重機が投入され、5時間以上
の作業が続いた。震度2くらいの揺れが続いた。

事故がなくてよかった。
新住民には昔の地の中はわからないよね。

 

2020年5月 1日 (金)

遅起きの孫のおどけを見る電話

  初めてLINEの「ビデオ通話」機能を使って孫と話した。
最初の画面に出た娘が、「お父さんの顔が近すぎる」と言う。
私の顔が大きく映し出されたらしい。

小学4年生の孫娘Hが画面でおどけている。
顔に装飾したり、何か食べてる姿や、水の中らしいソフトを
使っていろいろな姿に変容して見せる。
カミさんが、Hが自分で変身していると勘違いしていた。

学校が休業でヒマを持て余しているよう
だ。
リアルな姿を見ながら話ができるなんて素晴しい。
これからはどんな世の中になって行くのかな?

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本