2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« これがまあアベノマスクか通り雨 | トップページ | 右大臣不比等がわれに戻った日 »

2020年6月 7日 (日)

どさくさに紛れ監視を狙う国

  先日、本ブログで特別定額給付金の給付につき、システム化
の遅れを指摘したが、政治的にそんな甘いものではなさそうだ。

放送タレントの松尾貴史氏は、マイナンバーと口座のひも
付け
は“見え透いた国民監視の魂胆”だと断じている。(毎日日曜版)

都合の悪い自分たちの情報は隠蔽し、出しても黒塗りの「のり
弁」、資料や記録を改ざん、重要な会議の議事録も残さない。
こんな集団へ、国民の側だけがすべての情報を明け渡すをちゅ
うちょして当たり前だという。システムとシステムを扱う側の
信頼性が担保されていないではないか!・・と書かれている。

個人のマイナンバーにすべての口座をひも付けるとのだから、
個人の資産が国に把握されてしまう。
給付だけならマイナンバーに1つの口座でいいはずだね。

情報を正
確に処理できない脆弱なシステムや、効率の悪い縦割
り行政を改善するのが先だとうわけだ。

やはり、この件も新コロナ禍最中の火事場泥棒的な政治誘導ら
しい。



« これがまあアベノマスクか通り雨 | トップページ | 右大臣不比等がわれに戻った日 »

新聞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« これがまあアベノマスクか通り雨 | トップページ | 右大臣不比等がわれに戻った日 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本