2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 静かさや旅立ち後の巣の和み | トップページ | 能さえも今は日本に逆流す »

2020年6月22日 (月)

短命は狭い世界の血の混じり

   血族結婚の弊害をこれでもかと見せられた思いだ。
作者は上下巻を通じてたった1行しか書いていないけど・・。
「天風の彩王(下)」(黒岩重吾著、講談社文庫)を読み終わ
った感想だ。

本書の主人公は、飛鳥時代から奈良時代に藤原氏全盛の基礎を
築いた藤原不比等だ。本書上下巻は彼の活躍を描いた歴史小説
だ。これはこれで読み応えがある。

不比等は女帝の持統天皇の信頼を得て朝廷に力を伸ばして行く。
壬申の乱で勝利した大海人皇子(後の天智天皇)の皇女、天智
の次は天智の息子の天武天皇、天武の妃が次の持統天皇だ。
したがって天武と持統は異母兄妹にあたる。

持統天皇の息子の皇子は若くして死亡、孫の文武天皇も25歳で
亡くなる。文武天皇の后は不比等の長女の宮子、宮子の長男の
皇子(後の聖武天皇)の妃は不比等の娘だ(宮子とは異母姉妹)
となる。

これらはホンの一例だろうね。古代とは言え、これじゃ長生きは
しないね。




« 静かさや旅立ち後の巣の和み | トップページ | 能さえも今は日本に逆流す »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 静かさや旅立ち後の巣の和み | トップページ | 能さえも今は日本に逆流す »

無料ブログはココログ

お気に入りの本