2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« どさくさに紛れ監視を狙う国 | トップページ | ご近所の動きがわかるテラス席 »

2020年6月 8日 (月)

右大臣不比等がわれに戻った日

 今、日本の古代史に興味を持っている。
その中心は、壬申の乱後の持統期に活躍した藤原氏の祖とい
われる藤原不比等だ。

新型コロナ騒ぎの初期、不比等に関する書籍で「天風の彩王」
(黒岩重吾著、講談社文庫 上)が目について読んだ。
なかなか面白い。一気呵成に読み終わった。

続いて、本書下巻をと思ったら新コロナ騒ぎで図書館は休館。
待つこと暫しで、やっと下巻が手元に届いた。今、読書中だ。

もちろん、この本は小説だから藤原不比等は黒岩不比等だね。
でも、歴史の流れを理解するには格好な資料と思う。

壬申の乱については、学術書を読んでおり、また不破の関跡
にも行っている。このことが乱後の不比等を取り巻く人間関
係の理解に役立った。「百聞は一見に如かず」と言えそうだ。



« どさくさに紛れ監視を狙う国 | トップページ | ご近所の動きがわかるテラス席 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« どさくさに紛れ監視を狙う国 | トップページ | ご近所の動きがわかるテラス席 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本