2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 動いても乗せてくれない車検切れ | トップページ | 易しさで喜びくれる土曜版 »

2020年7月18日 (土)

一流の学者も暴走止められず

    図書館から借りた本が数冊、期限までに読み切れなかった。
次の予約が入っているので延長もできない。

うち1冊が“「経済学者たちの日米開戦 秋丸機関「幻の報告
書」の謎を解く”(牧野邦昭著、新潮選書版)だ。

私は予て、太平洋戦争の開戦に際し、当時の経済学者達は開戦
にどんな意見を持ち、どんな活動をしていたか興味があった。

本書は、“有沢広巳ら一流経済学者を擁する陸軍の「秋丸機関」
が、日米経済抗戦力の巨大な格差を指摘する報告書を作成した
にもかかわらず、なぜ無謀な対米開戦を防げなかったのか”
の過程を明らかにしている。

冷静な独裁者が存在しなかった日本、責任が曖昧なまま、勝つ
見込みのない戦争に突入してしまった。

ちょうど、“「日米開戦」はどうすれば避けられ、経済学者は
何をすべきだったのか”、まで全頁の2/3を読んだところで残
念乍ら打ち切りとなってしまった。

翻って、現在の経済学者たちは政策にどれだけ関与しているの
だろうか知りたいところだ。



« 動いても乗せてくれない車検切れ | トップページ | 易しさで喜びくれる土曜版 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 動いても乗せてくれない車検切れ | トップページ | 易しさで喜びくれる土曜版 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本