2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 足下が揺れて天下の難思う | トップページ | 知るもんか都県境を新コロナ »

2020年7月10日 (金)

丸ナスになって母親やってくる

  私の実家から贈り物が届いた。
実弟が実家の主だが、私のカミさんと義妹が気が合い、義
妹が何かと気配りしてくれるようだ。ホントにありがとう。

この季節にはいつも、新鮮な野菜やお菓子を送ってくれる。
昨日は地元の野菜やお菓子など、今日は、現地(信州)の
工場からオヤキが直送されてきた。

野菜は丸ナスが入っていた。
今日のオヤキはまず、丸ナスの具入りにかじりついた。

幼い時から、この季節、いつも亡き母は丸ナスでオヤキを作
ってくれた。決して料理が得意な母ではなかったが、オヤキ
だけは母の作ったのものが美味かった。

母が亡くなると、このオヤキの味も途絶えた。
出来るだけ亡母の味に近いものを探して届いたのが今日のオ
ヤキだった。野菜としての丸ナスは味噌汁の具となって口に
入った。故郷の味を楽しめる至福の日々がしばらく続く。


« 足下が揺れて天下の難思う | トップページ | 知るもんか都県境を新コロナ »

季節」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 足下が揺れて天下の難思う | トップページ | 知るもんか都県境を新コロナ »

無料ブログはココログ

お気に入りの本