2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 信楽の狸マスクで身を守る | トップページ | ホントかな夢が血圧押し上げる »

2020年8月15日 (土)

お気の毒まだまだあると敗戦日

   今年もまた終戦(敗戦)記念日が巡ってきた。
この日が近付くと、先の大戦の記事がメディアを賑わす。
記事の大半が「戦争は悲惨だ! 戦争は絶対にイヤだ!」
と、個々の戦争体験が内容となっている。

そして、あれから75年、どうこの戦争を語り継いでいく
べきかと結んでいるのだ。

日露戦争終結から75年と言えば1980年だ。
私はこの年はもう壮年で、日露戦役など遙か太古の出来事
だった。現在、40歳前後の人たちにとって、太平洋戦争は
遠い彼方の昔の出来事だろう。
個々の経験や結果ばかり追いかけても、いずれ忘れ去られて
しまう。原因があって結果がある。その分析と教育が必要だ。

残念なのは、どうして太平洋戦争が起こったのかが、わが国
として総括されていないことだ。色々な意見があるとは思う
が各論併記でもまとめておくべきだった。

次ぎに、戦後、こうした歴史事実を教育して来なかったのも
事実だ。国が率先して敗戦事実を認めなかった風潮もある。

今の政治家や官僚も殆どが戦後生まれだ。
まともな近代史教育も受けていまい。
こうした人たちからきちんとした先の大戦の総括と、戦争の
芽を永久に摘み取る思想を身につけてほしいと思う。
こんなことを終戦の日に考えていた。

« 信楽の狸マスクで身を守る | トップページ | ホントかな夢が血圧押し上げる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 信楽の狸マスクで身を守る | トップページ | ホントかな夢が血圧押し上げる »

無料ブログはココログ

お気に入りの本