2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

2020年9月30日 (水)

両ジイの白髪頭がよく目立ち

   米国大統領選討論会の中継を見過ごしてしまった。
昼、民放のニュースワイドで解説も含め視聴した。

何よりも、両候補の年齢が気になった。
両人とも古希を超えた老人だ。バイデン元副大統領は確か
77歳のはず。トランプも70歳半ばだろう。
どっちも、もう先がない。
トランプが当選しても4年、バイデンでもせいぜい1期が
妥当なとこころだ。これじゃ長期展望を述べても老木に花
を咲かせるようなものだ。
民主党の副大統領候補に期待しよう。

3億の人口を抱えるこの大国も人材不足なのか?
1960年代のケネディような逸材はいないのだろうか?

討論内容はそれなりに面白かった。
米国民はどちらを選ぶのだろうか? まだまだ興味は続く。

日本の菅総理も71歳だ。内閣もジジイ達で構成させている。
老いてなお、権力にしがみつくジジイ内閣だ。
若き人材の出現を待つのは、米国以上だと思うが如何?

 

2020年9月29日 (火)

怪しいと思えば心鬼にする

   確定申告で誤納してしまった税金が返ってきた。

税務署から私の振込口座を訊いてきたが、即答せ
ずに改めて税務署宛てに連絡した結果だった。

オレオレ詐欺を警戒した末の行動だが、真面目に
対応してくれた税務署の署員さんには申し訳ない
と思う。

還付金通知書には、オレオレ詐欺にご注意を!と、
あったから、署員さんも許してくれると思う。

役所、金融機関の職員を名乗る電話には要注意だ。
それに、ガス、電気、上下水道などの検査だと言
って家に入り込んで居直る手合いも多いらしい。

前以て文書で連絡がない場合は相手にしない。
連絡があっても、必ず身分証を見せてもらうこと
にしている。いやな世の中だね。


2020年9月28日 (月)

ずっしりと宴のあとのゴミ出し日

 久しぶりの快晴日だ。
いつもなら朝、朝4時には起きるのだが、
今朝は5時過ぎまで寝てしまった。

ワンちゃんとの散歩は1時間遅れ、散歩途中
で出会う人たちも、いつもとは異なる。
長い間、ご無沙汰の人とも出会った。
「お元気ですね!」がご挨拶だ。

さて、今日は昨日、一昨日の整理に追われた。

こんな上天気、めったにない。
客用、それに自分用の寝具を干した。
今、取り込んだところだ。
今夜は快適に眠れそうだね。

そうそう、今日はゴミを収集日、冷蔵庫から
の廃棄物でゴミ袋がイッパイ。片手じゃムリ。
両手に抱えてやっとこさ収集所へ運んだ。
朝1番の仕事が重量ゴミを始末だった。

2020年9月27日 (日)

女の子でよかった?孫の誕生日

 夕方、入浴を済ませて孫の一家が帰った。

孫のHは・・
昨日は、両親に玩具を買ってもらい、今日の誕生日には
ケーキ、お寿司を食べ、ドラえもんの録画を見たり、ゲー
ムを堪能した1日だった。もちろん祖父母からは祝い金
をもらった。

わが娘は、「子供(孫)が女の子で良かったで
しょう」
と言う。男の子だったら大人しく家で遊んでなどいない
というワケだ。

一方、母親(娘)は、わが家の台所の片づけの追われた。
きちんと整理された庫内、見違えるほどきれいになった。
もったいない!もったいない!、詰めるだけ詰めて捨て
ることがなかった実態が明らかになったネ(妻には内緒)

娘は孫の誕生日に帰省したついでに、老親宅の整理整頓
を予てから狙っていたようだ。保存食品を捨てられたカ
ミさんとは少なからず葛藤があったようだネ。

すかさず、次の帰省時には押入れの整理を頼んだ。

2020年9月26日 (土)

孫くれば春でなくても花が咲く

    夕方、待望の孫娘がやって来た。
明は孫娘の10歳の誕生日、今夜はその前夜祭だ。

ほぼ1ヵ月ぶりの再会、また身長が伸びたようだ。
10年前の夕方、都内の病院で生まれた時は、ほぼ
標準の体重で、元気な泣き声を挙げていた。

それが今では、食べ物の好き嫌い、Yes Noも明
確に自己主張もする。祖父母からすれば隔世の感を
感じる娘に成長した。友達の悪口も家では言わない。
私らも聞いたことがない。性格は良さそうだ。

話を聞いていると、時間の経つのは速い。
明日もゆっくりしていってね。
楽しい語らいをありがとう。





 

2020年9月25日 (金)

秋雨に渋柿熟すとろみ味

  台風12号の影響か1日中シトシト雨だった。
気温も大幅に下がって、長袖の着用に及んだ。

自宅裏には大きな柿の木がある。渋柿だ。
田んぼの先の農家の木で柿がたわわに実っている。
毎秋、いただいて吊るし柿にしている。美味だね。
ここの奥さんに柿の近くで出会った。

「今年はよく実ったけど、よく落ちるのよね」
木の下は落ちた柿でイッパイ。熟し柿ばかり。
もったいないね!自然の恵みが転がっている。

農地に入れてもらい、実った柿に触ってみる。
青くて固い柿、吊るし柿に手頃なもの、熟した柿、
など様々、勧められて熟し柿を摘み、皮を剝いて食
べてみた。甘くて美味しい。無理して干さなくても
十分食べられる。

両手にイッパイ摘み取った柿をいただいた。
今年の秋、初めての柿となった。
 

 

2020年9月24日 (木)

お隣の施設のミスは穏やかに

    当地では、台風12号の影響は殆どなかった。
午前中は、雨の予想も外れ朝から曇天が続いている。
台風対策はムダになったが、こうしたムダは大歓迎だ。
次回の襲来時も、こうした状況になるよう頼みたい。

曇天の中を隣市の図書館へ行った。
返却期日の迫った本を返し、カミさんが読みたいとい
う3冊を新たに借り出した。

今、借りている6冊の返却期限を確認したところ、返
したはず本1冊が借り出し中になっている。
そう言えば、今日の窓口担当の女性、初任らしく慣れ
ない対応だった。返却は単に窓口に置いてくるだけ、
返却したしないの書類は一切ない。返却入力を忘れた
ら、図書館のコンピュータから遅滞なくメールが来る。

早速、穏やかに電話した。こうしたミスは初めてだ。
あっさりミスを認めた。データは即更新された。
コンピュータも結局は人間が操作する。人が誤った作
業をすればコンピュータもそのまま誤ったままになる。

 

2020年9月23日 (水)

決着つけるか台風12号

 台風12号が東日本に迫っている。

幸い東側に逸れて上陸はなさそうだ。
今未明から25日にかけて大雨になる予想だ。
私も、台風の雨と風の対策を行った。

今、水対策で、住んでいる自治会が揉めている。
市の提案で、用水路の水が住宅地に流れ込まないよう
に用水路に遮蔽版を設置することを自治総会で決議し
たが、数軒の反対で工事が未着工になっている。
市が自治会員全員の同意を求めているからだ。

さて、台風12号はこの問題に決着をつけるだろうか?
水台風で用水路が溢れて地区に被害が出れば、賛成派
の勝利だ。被害がなければ工事は未着工のままだ。

被害が出て決着するなんて悲しいネ。
他人の思いがわからないのかな? 
自治会役員もお手上げのようだ。
反対する人は、水が出てもいずれも被害が軽微な人た
ちばかり、反対のための反対者もいるようだ。難しい!




 

2020年9月22日 (火)

見直したおんな作者の筆の冴え

  世間は新コロナ禍対策のキャンペーンなどで賑やかだ
結構な人
出らしい。感染者の大量発生がないよう祈っている。

そんな世間を横目に、本を読んで過ごした。
小説2冊だが、どれも作者は女性で男性作家では味わえない
中身を味わった。

1冊目は、「飛水」(高樹のぶ子著、講談社版)
2冊目は、「もっとわたしを」(平安寿子著、幻冬舎版)

前者は、不倫の恋が飛騨川バス転落事故(1968年8月)で
幕が下りる物語だ。この男女の付き合い方も世の一例だが、
登場人物の死後も、生きた人格としてストーリを完結させる
手法を味わった。
理屈でない男女の付き合い、私の常識外だった。

後者は、街で普通に生きる男女をケース8編を載せている。
本書を読むと、如何に自分の青春がシンプルだったと痛感する。
登場人物たちの個性が強調されている。作者の心理描写が鋭い。
むしろ、へきへきするくらいだ。世の中は広い。

2020年9月21日 (月)

敬老日広告ばかりよく目立ち

  敬老の日、至って静かだ。
新聞で、敬老の日関連の記事を拾ってみた。
見落としがなければ、家の新聞に関係記事は皆無だった

代わりに、広告は満載だった。
認知症、発声・呼吸法、筋力づくり、骨粗鬆症、膝の痛
み、薬、一面全段に高齢者の写真を載せたスマフォの全
面広告が3面などだ。
高齢者は政治的には無力とみられているようだ。

ちなみに高齢者人口(65歳以上)の数と人口比を調べて
みた。(総務省統計局資料による推計)

  年    総人口   65歳以上   人口比
 2019年 12617万人 3588万人  28.4%
  2020年 12532万人 3619万人  28.9%
 2025年 12254万人 3677万人  30.1%

6年で総人口が363万人の減、65歳以上は89万人の増
になり、名実ともに3人に1人が高齢者になる。
高齢者の男女比はおよそ6%ほど女性が高いから、見た
目にはおばあちゃんが目立つ超高齢化社会になりそうだ。

菅新政権はこうした高齢化問題に対する施策を公表して
いない。それでなぜ内閣の支持率が70%近くなるのか私
にはわかならい。私は支持しない。政権の動向を注意深く
見たうえで考えたい。

 

2020年9月20日 (日)

敬老日犬でよかったこの始末

   昨夜から今未明にかけて わが家の小型犬、アオイ(ヨーク
シャーテリア雌、10歳)に振り回されて、今日は眠い1日だ
った。

いつも夜は、私の寝室の片隅で寝ているが、昨夜は行動が異常
で跳ね回り、ベット上の私にすり寄ったり落ち着きがなかった。

午前零時前後にはおう吐を始めた。
やっと落ち着いたと思って私は寝たが、午前1時半頃トイレに
起きたらアオイも付いて来た。(こんなことは初めて)

廊下の電灯をつけたら、トコトコ玄関へ出ていく。(これも初)
これは異常行動、きっとお腹が痛いに違いない。
懐中電灯、ペーパーナフキン、ペットボトル1本の水を持って
外へ。やはり数十メートル先の道路端で下痢症状を示した。
パジャマ姿で真夜中の犬との散歩、静かでなものだね。

今朝はいつもの通り5時に散歩したが、異常行動は見られない。
お陰で今日は1日中、眠気に襲われている。

犬なら対応し易いが、これが人間相手の介護だったら大変だと
思う。明日は敬老の日、介護に当たられる人たちの苦労を思う。



2020年9月19日 (土)

権力を私物化したと4人組

   ネットで見かけた記事を紹介する。
前にも本ブログに書いたが、管新内閣の組閣までに実に
ドロドロとした権力闘争があったようだ。
記事全部を真実とは思えないが、大筋では記事通りと思う。

これが政治の世界だと思えばそれまでだが、それでも、そ
こには国民の為にという部分はまったく見えない。
権力の私物化、派閥の論理としか思えないのが残念だ。

国民はどこまでこれらを知っているのだろうか?
近頃のTVのニュースワイドも、新政権をヨイショする場面
が多いが、政治の裏側の実態も知らせてほしいものだ。





2020年9月18日 (金)

何だこれ?ついでに診てるかかりつけ

  毎月定例の内科検診。
血圧測定中のかかりつけ医が私の腕に注目した。
両手の肘から手首まで、赤い炎症が点々としている。
実は、腕の他に両足にも発症している。
炎症は水ぶくれになり猛烈な痒みを伴う。

私は、かかりつけの先生は内科医、皮膚の痒みは皮
膚科という
先入観があり、この症状を告げていなかった。

近所の皮膚科の先生は、いつも症状を診て薬を出すだけ。

原因の説明どころか、症状の説明など一切ない。
ご縁が薄い皮膚科とは、こんなものかと思っていた。

この日は、かかりつけの先生は、何らかのアレルギーを
疑い、検査の為に採血をしてくれたうえ、痒み止めの薬
をだしてくれた。結果は1週間後という。

教訓は、かかりつけ医の専門外と思っても、身体の不具
合を一応相談すべきだね。専門外ならそれ相応の医療機
関を紹介してくれるはずだ。

そう言えば、既往症のがんも別な検査で発症の疑いをか
けられ見つかった。何が幸いになるかわからないネ。


2020年9月17日 (木)

臨場感叶わぬ夢のオンライン

  初めて2時間近くオンラインによる公開講座を拝聴した。
主催者側のD大学も慣れていない様子で微笑ましかった。
無料だったからまだしも、有料だったらかなり辛辣な意見が
受講者から出たように思う。
講義内容より送受信の技術的質問が多かった。

事前テストでは、画像がぼやけていたが、本番では鮮明、音声
もはっきりと聞き取ることができた。よい結果だった。

事前の講義準備にかなり苦労されたようだ。
レジメを掲示して、それに従った説明をボードに書き込む方法
の方が良かったとも考える。説明の写真が不鮮明だった。

新コロナ禍で、諸大学はオンライン授業が殆どだと聞いている
が。臨場感はまったく感じられない。テレワークならともかく
学ぶに関してオンライン講義は万能ではないネ。
新コロナ禍の早い収束を願わずにはいられない。



 

 

 

2020年9月16日 (水)

やっと着く周回遅れのオンライン

    明日のD大学の公開講座はオンラインで行われる。
受講に必要なパソコン(PC)の設定手順と講義資料が大
学から届いた。

使うのは、[ビデオ会議システム「Zoom」]という。
説明の
手順通りにインストールしてテストしたら無事成功、
余りに簡単すぎて拍子抜けした。

でも、画面が鮮明ではないんだ。
PCの設定で調整できれば良いんだが、どこにも説明がない。
まあ、受講が無事に終われば、第一ステップは良しとしよう。
LINEでは孫の演技を生で見られたが、なんせ画面が小さい。

受講生に質問や問いかけがありそうだ。
ナマで双方向で画面上で問答ができるとは、嬉しい限りだ。

そうそう、国勢調査票も届いた。
早いとこ、これもオンラインで片付けてしまおう。









 

2020年9月15日 (火)

ボスたちは裏取引でもめてます

    メディアは管自民党新総裁の党、内閣の人事報道一色だ。
ネットにこんな記事が載った。「さもあらん」と思った。

新聞の1~3面はこの政治記事で埋っている。
アホらしくて全部読む気力なんて起こらない。

各派閥が、安倍退陣に際し管官房長官を推薦するのに、管側と
何らかの密約があったと考える方が普通だろう。

一般市民から見て、党役員、閣僚候補名で名前も経歴も知らな
い議員名が続々出てくる。果たして適材適所だろうか。
国会でまともな答弁ができない大臣が出てきそうだネ。

対する野党、できたてホヤホヤの立憲民主党。
心元ないが勉強し、まとまって有力な対抗馬に育って欲しい。

私としては、閣僚人事の記事は名前と簡単な解説があれば十分だ。



2020年9月14日 (月)

ジイサンの欲望ばかりよく目立ち

    安倍首相の辞任に伴い、管義偉官房長官が自民党総裁に
選出された。さすが1強の出来レース、圧勝だった。

管新総裁、メディアでお馴染みだが、一市民の私には彼の
政治歴や政治信条をまったく知らない。
どんな政局運営をするのかお手並み拝見と言ったところだ。

ただ、安倍首相の「継承」がすべてなら、国民の期待を裏
切りそうだ。ご老体に鞭打って頑張って下さい。

それにしても、自民党の世代交代は進んでいないね。
40代とはいわないが、50代のバリバリのやり手はいない
ものか! それと首相を目指す女性議員が出現しないのも
寂しい。わが存命中はムリだね。
苦労知らずの二世議員、オジイちゃん議員ばかりが目立つ。


2020年9月13日 (日)

ロコモ度はここが重度と御判定

  日本整形外科学会が10日発表した「ロコモティブシンドローム
(運動器症候群)」の改訂判断基準「ロコモ度」を手順に従って
やってみた。

判定方法は3つ。
1.立ち上がりテスト 2.ステップテスト 3.質問票(ロコモ25)

1. 立ち上がりテストは問題なくできた。
2. 問題ありだった。
3. 4点で問題はなかった。

2の判定基準は、大股2歩の歩幅÷身長=?で決まる。
何度やってもこの結果は1.00を割り込む。
これだと重度のロコモ度になってしまう。もう1度手順を確認しよう。

毎朝のストレッチの内容を見直す必要がありそうだ。
反面、30回はやっているスクワットは、多分に効果が出ているようだ。



2020年9月12日 (土)

エアコンにあげたい夏の殊勲賞

  お天気は重苦しい曇天たが、気温は30度以下で凌ぎ易かった。
今日は、ひたすらエアコンなしで 寝不足の解消と読書で過した。
何と言っても、この夏、1番の働きものはエアコンだったろう。
家の新築以来の付き合い、故障もなく頑張ってくれた。殊勲賞だ。

この日も、昨日のM新聞夕刊を丹念に読んだ。印象に残ったのは、
1つ目は、“ゴミ清掃芸人・滝沢秀一さん 「日常を届ける」胸に”

ゴミ収集会社の正社員になった芸人のコロナ感染期の奮闘が記さ
れている。
誇りをもってゴミの収集を続ける姿にある種の感動をおぼえた。
滝沢さんが嬉しかったのは、ゴミ袋や容器の蓋に感謝の言葉が書
かれていたことだそうだ。わが家も何らかの形を示したいものだ。

2つ目は、“誇張と改ざんの戦史、旧日本軍の舞台裏「帝国軍人」
共著者に聞く”
例として・・
“戦果上げた戦闘エリート士官に指揮官の名変更”
“戦後の軍事裁判証拠がなければ戦死者の責任に”
“ミッドウエー海戦「運命の5分間」は戦後の作り話”

こんな軍隊に招集され、死んでいった多くの兵士が哀れだ。
記事を読んで、安倍政権の7年余の文書管理も似たようなものと思
った。

2020年9月11日 (金)

つながりと孤独両手に生きていく

   新コロナ禍のこの時期、読書は私にとって欠かせない。

今、「みんな忙しすぎませんかね?しんどい時は仏教で
考える」(大和書房、笑い飯・哲夫、釈徹宗著)を読ん
でいる。1.仕事は楽しい?、2.怒るということ・・など
24項目に亘って哲夫、徹宗の2人が意見を述べている。

まだ、読み終わっていないが、心に残ったことを書いて
おきたい。

7項目の「孤独について」で宗教学者の釈徹宗さんはこ
う言っている。
“仏教では「孤独の自覚」と「つながりの喜び」の双方
  が説かれている。(中略) 右腕に「孤独の自覚」、
  左手に「つながりの喜び」を抱えながら、生き抜いて
  いくのが人生なのではないか”

新コロナ禍は「左手のつながり」を分断した。
したがって右手の孤独ばかりでストレスが溜まる。
新コロナ禍が長期化すれば、新しいつながり、または、
その新しい方法を模索せねばならないかも知れない。


 

2020年9月10日 (木)

残り火の先の覚悟を聞きたいね

    母校(高校)の同級会幹事からメールが入った。
5月予定の故郷での同級会が、同期会との関係で11月に延期にな
った。それが5月が中止になり11月も中止だという。原因は新コ
ロナ禍だ。

同級、同期生とも今年は傘寿を迎える年で、それぞれ人生の区切り
と考えられていたので、老骨に鞭打って出かけるつもりだったが!
まあ、高齢者の健康が第一だから幹事の判断で良いと思う。

同級会は中止になったが、同級会の会報に載せる「現況報告」は
予定通り掲載するそうだ。その記
事を書いて送れというわけだ。

傘寿ともなれば、五体満足の仲間は少ないはず。
現役で働いているのは、地元で開業している医師1人だけだろうネ。
本人や家族の死亡や病気が主題になるのは仕方ないよネ。

ここまで来たら、それぞれの死生観でもと思うのだが不謹慎かな?




2020年9月 9日 (水)

刈り入れの音で感じる秋の色

   裏の田んぼの稲刈りが始まった。
コンバインの規則的なエンジン音が響いてくる。
もちろん、田んぼはわが家のものではない。
田んぼを隔てて見える農家のものだ。

春の連休では田植機の音が響き、この季節で刈り取りだ。
春と秋は期せずして、裏の農家が教えてくれる。
田植えも稲刈り、どちらも半日仕事だね。
昔の農業を思えば雲泥の差、農業が片手間仕事になった。
この農家の本業はマンション、アパート、店舗などの賃貸
だ。他にエクステリアの造作もやっている。

前はエビガニ、イナゴ、蛇、鯉、食用蛙などが見られたが、
今は皆無。また春には、鳴くキジも
見られたが、最近はと
んとご無沙汰だ。

こうした自然と隣り合わせの地域は最高だね。
それにしても、この暑さ! いつまで続くのかな?

2020年9月 8日 (火)

マスクしたタヌキ上目でお出迎え

   相変わらず厳しい暑さが続く。
新コロナ禍は収束する気配もない。
自民党総裁選で安倍首相の最有力候補者は、アベノミクスを継
続するという。新味はなさそうだ。何か日本全体が閉塞感で覆
われているようだ。追い打ちをかける台風などの
自然災害・・。

人に会いたくても、誰しも面会謝絶だ。今日もストレスが続く。
毎朝の血圧測定、この頃は、測れば前日の数値を超えている。

そんな中、LINEで娘から連絡が入った。
今月末に孫娘一家が泊まりがけで来る・・と。

好意的に取れば、娘からは老親の様子を見ることだろうネ。
孫娘から見れば、誕生日のプレゼントと買物が目指すものだ。
どっちにしても、当方にとっては賑やかになるので大歓迎だ。

夏休みに信楽から送ってもらったタヌキの焼き物も、マスク
をかけて玄関でお出迎えだ。楽しみにしているよ!






2020年9月 7日 (月)

他人事と思う以前の身の始末

  台風9号、10号で被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。
今年の台風は沖縄、九州地方を直撃しています。東日本に住む私
にとって明日はわが身です。早い復旧をお祈り申し上げます。

NHKの災害情報アプリをダウンロードしてみた。
土砂災害予報地域の多さに唖然とした。
当地は関東平野のど真ん中、土砂災害こそないが地震、洪水、火災
のリスクが予想される。当地のハザードマップで確認した。
特に出水の場合、指定避難所がわが家と同じ標高か低い。小中学校
も低地に建てられたものが殆どだ。

どうやって家族を守るか? それにペット(犬)が2匹いる。
自宅待機、避難所の選定、そこへの移動など災害の種類に応じて再
検討する必要がありそうだ。見直すには良い機会だね。

取りあえずは、数日分の食料と水の確保は必須だ。それに情報収集
の方法の確認だ。
そうそう、災害用として備蓄中の食料、水の取替えから始めよう。

 

2020年9月 6日 (日)

今回も中止ですよとメール来る

 シニアの皆様、毎日、何が楽しみで暮らしているのかな?  

「今回も集まりを中止しよう」と幹事からメールが入った。
もちろん、原因は新コロナ禍だ。

親しい仲間や先輩と会えない、飲めないは辛いネ。

新コロナ禍を考えた生活は、一応、
しているつもりだが、
交際範囲や移動範囲は限られるからネ。やはり人間は動いて
こそ社会性が保たれると思う。

電話やメールなどの手段では、男同士の会話は長続きしない。
やはり会って、アルコールの助けを借りて親交を深めるのが
1番だ。中止、延期の知らせが来る度にストレスが溜まる。

今や、私にとってストレスのピークかも知れない。



2020年9月 5日 (土)

赤鉄路それでも電車今日も行く

   朝、7時半に外出した。
残暑厳しいこの頃、外出は朝が良さそうだ。

電車は高校生でほぼ満員だった。
それも、学校に近い駅で生徒の殆どが下車すると車内は
ガラガラ! 新コロナ以前は、中高年のお出かけグルー
プで車内は賑やかだったのに・・。

先日、鉄道会社の赤字ランキングをネットで見たが、大
手私鉄は各社100億円を超える赤字計上だった。(20
20年度第一四半期) 定期外運賃収入が大幅に落ち込ん
だためらしい。

固定費比率の高い鉄道会社としては、運賃収入の大幅な
減少は痛いはず。それでも電車は普通に動いている。
新コロナ禍で鉄道会社が話題に上ることは少ないが、こ
こにも隠れた被害社があることを知っておきたい。

2020年9月 4日 (金)

新コロナ枯れ木の山を築かせず

  今年も敬老の日が近づいてきた。
やはり、コロナ禍で敬老会中止のお手紙が届い
た。
高齢者を枯れ木に例えて恐縮だが枯れ木は燃えやすい。
クラスター化し易い枯れ木の山を築くことはあるまい。

私は敬老会から最初の連絡が時以来参加していない。
役所主導のこのイベントに疑義を感じたからだ。
2回目以降、招待状はゴミ箱行きだった。

今回の中止連絡は簡易書留で届いた。
開いて見ると、2000円(別にカミさんにも同じものが)

の市内共通商品券が入っいた。当然、捨てるられないネ。
こんな企画なら大賛成だ。経済効果もあると思うよ。

わが夫婦は、この券を孫の誕生祝いに使いたいね。
近所のお寿司屋さんから、握りの上寿司でも取ろうか。
お寿司屋さんには財布に、わがファミリーには腹に幸せ
が入りそうだ。敬老会バンザイ!





2020年9月 3日 (木)

顔でなく車で知った得意先

  秋の味覚、梨、いつも電話で頼んでいたが今年は出かけた。
やはり地元のモノよりも、隣市の梨園の方が美味に感じる。
それに、毎年の事ながら「来園をお待ちしています」のハガキ
をいただいたから・・。贈答用と自家用が欲しかった。

10年来の車で、約40分、小型犬2匹を同乗させて到着。
交通量の多い国道を運転するのも久し振り、少し緊張した。

梨園のオーナーはわが夫婦を、顔でなくて車で覚えていたよう
だ。だんだん話をしてくると、ついに本音が出たんだね。
車検が済んだばかりでまだピカピカ! 車が顔じゃ埃は大敵だ。

ワンコちゃん達にも、なにか楽しみを!・・と、考えて梨園
近くの池(××沼という)を散歩を兼ねて半周した。
釣り人が散見される。そのうちの1人に「何が釣れるの?」と
聞いたらブラックバスで、まだ釣りの結果は出ていなかった。 

2020年9月 2日 (水)

この時期に下手なシナリオ出来レース

    退任する安倍総理の後任自民党総裁選び、どうやら管義偉
官房長官が最有力らしい。

いろいろニュースを見ていると、前以て筋書きは出来上って
いたようだね。二階自民党幹事長が中心になってシナリオを
書いたと思う。凄まじい権力争いが垣間見える交代劇だ。

安倍政権は数々の疑惑を道連れに退任し、結局は臭いモノに
蓋をしたままの辞任になる。安部政権の検証はないままなの
で、このままでは新政権も同じ体質を内蔵することになる。   

安倍さんは「病気に名を借りた政権政権放り出し」と書いた
メディアもあったが、実質的には「重要案件を放り出して敵
前逃亡を謀った」と言われても仕方ないよネ。

殆どの国民は、恐らく表面的なモノしか見ていまい。
さて、新首相はどんな手腕を見せるのだろうか?
71歳のご老首相に期待できるだろうか?
精々、お体を大切に!






2020年9月 1日 (火)

すわ詐欺か丁寧過ぎて身構える

   税務署職員を名乗る男性から電話がかかってきた。
「税金を過分に支払われているので返金したい。ついては口座
 番号を電話で教えてくれ」と。

「おや、どこかで聞いたオレオレ詐欺の常套文句と同じだ」
・・と、思いながら経緯を聞いた。
内容は、今年初めの所得税の確定申告時、支払った税額が当方
ミスで過大だったのが原因だった。金額もピッタリ合う。

それでも「貴方を疑いたくないが、詐欺まがいの電話が多い時
です。電話で口座番号を伝えるのはご遠慮したい」と伝えると、
「それでしたら、郵送で税務署宛に送って下さい。宛先は・・」
「税務署の所在地はわかっていますから結構です」

こうして、調べた税務署宛てに、口座番号を担当者名を書いて
送った。たいした金額ではないが念には念を入れたと思う。

相手が妙に親切で言葉使いが丁寧だったのが、疑念を抱かせた。
役人がもっと尊大な態度だったら、最初から本気にしたかもネ。





« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本