2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 敬老日広告ばかりよく目立ち | トップページ | 決着つけるか台風12号 »

2020年9月22日 (火)

見直したおんな作者の筆の冴え

  世間は新コロナ禍対策のキャンペーンなどで賑やかだ
結構な人
出らしい。感染者の大量発生がないよう祈っている。

そんな世間を横目に、本を読んで過ごした。
小説2冊だが、どれも作者は女性で男性作家では味わえない
中身を味わった。

1冊目は、「飛水」(高樹のぶ子著、講談社版)
2冊目は、「もっとわたしを」(平安寿子著、幻冬舎版)

前者は、不倫の恋が飛騨川バス転落事故(1968年8月)で
幕が下りる物語だ。この男女の付き合い方も世の一例だが、
登場人物の死後も、生きた人格としてストーリを完結させる
手法を味わった。
理屈でない男女の付き合い、私の常識外だった。

後者は、街で普通に生きる男女をケース8編を載せている。
本書を読むと、如何に自分の青春がシンプルだったと痛感する。
登場人物たちの個性が強調されている。作者の心理描写が鋭い。
むしろ、へきへきするくらいだ。世の中は広い。

« 敬老日広告ばかりよく目立ち | トップページ | 決着つけるか台風12号 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 敬老日広告ばかりよく目立ち | トップページ | 決着つけるか台風12号 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本