2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 刈り入れの音で感じる秋の色 | トップページ | つながりと孤独両手に生きていく »

2020年9月10日 (木)

残り火の先の覚悟を聞きたいね

    母校(高校)の同級会幹事からメールが入った。
5月予定の故郷での同級会が、同期会との関係で11月に延期にな
った。それが5月が中止になり11月も中止だという。原因は新コ
ロナ禍だ。

同級、同期生とも今年は傘寿を迎える年で、それぞれ人生の区切り
と考えられていたので、老骨に鞭打って出かけるつもりだったが!
まあ、高齢者の健康が第一だから幹事の判断で良いと思う。

同級会は中止になったが、同級会の会報に載せる「現況報告」は
予定通り掲載するそうだ。その記
事を書いて送れというわけだ。

傘寿ともなれば、五体満足の仲間は少ないはず。
現役で働いているのは、地元で開業している医師1人だけだろうネ。
本人や家族の死亡や病気が主題になるのは仕方ないよネ。

ここまで来たら、それぞれの死生観でもと思うのだが不謹慎かな?




« 刈り入れの音で感じる秋の色 | トップページ | つながりと孤独両手に生きていく »

親睦、懇親」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 刈り入れの音で感じる秋の色 | トップページ | つながりと孤独両手に生きていく »

無料ブログはココログ

お気に入りの本