2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 対策は空振り続く運の良さ | トップページ | 反知性主義も引く継ぐ新総理 »

2020年10月10日 (土)

よく動きよく観ているねこの詩人

 『道行きや』(伊藤比呂美著、新潮社版)を読んだ。
サブタイトルは「Hey, you bastards!  I'm still here!」
日本語では「(ちくしょう)あたしはまだ生きてるんだ。」

この作者、初めて知った。詩人で現在65歳。
本書では22編のエッセイが収録されている。

生き抜いてきた著者から見た風景、女たちの暮らし、故郷の自
然、保護した犬、河原の古老など著者独特な観察による小文が
載っている。印象に残ったのは、外国人と結婚して海外に住む
女性にアドバイスしていることだった。
そんな女性にもお勧めしたい本だ。

読み終わって、ネットで検索したら著者の動画が出てきた。
なるほど、と頷くほど本の内容に合った人だった。



 

« 対策は空振り続く運の良さ | トップページ | 反知性主義も引く継ぐ新総理 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 対策は空振り続く運の良さ | トップページ | 反知性主義も引く継ぐ新総理 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本