2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 比べない信条曲げて悩むとき | トップページ | 雨の日の助っ人アプリ傘要らず »

2020年10月 7日 (水)

怖さ増す庭木は伸びて身は縮む

  ヒマラヤ杉の剪定をした。
足場としての脚立で届く部分は既に終わっている。
今日は残った高所部分を剪定した。

つまり、今日は脚立を伸ばし梯子として作業をしたわけだ。
年々、こちらの都合などお構いなしに枝葉は伸び、それに
身の丈は縮む。テッペンを刈るのは怖い。

かつて交通事故で入院を余儀なくされた時、入院患者に植
木作業の事故での人が多かった。話を聞く度に怖くなった
思い出が頭を過ぎる。ギブスを付けた姿になりたくない。

今年は、梯子の最上段から鉄製の物置小屋の屋根に上り、
初めて、立ち上がってテッペンの枝を切った。グラグラ揺
れる小屋、それに下りる時の梯子、足が下段に届かなんだ。
短い足と、身の縮みを実感させられる瞬間だ。

どうやら、今年も無事に終わった。
側を通るご近所さんは「サッパリしましたねえ」と声をか
けてくれる。こちらは気持がサッパリした方が大きい。

そう言えば、髪の毛の伸び放題だ。近く床屋さんへ行こう。



« 比べない信条曲げて悩むとき | トップページ | 雨の日の助っ人アプリ傘要らず »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 比べない信条曲げて悩むとき | トップページ | 雨の日の助っ人アプリ傘要らず »

無料ブログはココログ

お気に入りの本