2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« よく動きよく観ているねこの詩人 | トップページ | 古里の朗報届く酒造り »

2020年10月11日 (日)

反知性主義も引く継ぐ新総理

  毎日曜日、M新聞の日曜版を楽しんでいる。

松尾貴史氏「松尾貴史のちょっと違和感」、海原純子氏
「新・心のサプリ」、連載小説、真保裕一氏著「シーク
レット・エクスプレス」の3記事を、この順番に読む。

今週の松尾氏の記事は、今、話題の日本学術会議の会員
候補の任命拒否問題を挙げている。論理が納得でき、説明
文が理解し易いから納得できる。やはり安倍政権からの継
承だった。

心臓内科医の海老原純子氏の記事、「時間どろぼう」もな
るほどと思った。要は、自分がしたいと思ったことに時間
を使うこと。これがじかん泥棒でないと言うことだ。

真保氏の新聞小説も手に汗を握って読んでいる。
青森から西日本のいずれかへ、JR貨物で秘密裏に運んでい
る高放射能廃棄物らしい列車、これを嗅ぎつけた新聞記者、
列車を守る警察など次々に登場する。主役は貨物列車の運
転士で運転責任者の男だ。今週は高崎を出発した。

それぞれ、来週が楽しみだ。



« よく動きよく観ているねこの詩人 | トップページ | 古里の朗報届く酒造り »

新聞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« よく動きよく観ているねこの詩人 | トップページ | 古里の朗報届く酒造り »

無料ブログはココログ

お気に入りの本