2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« それぞれの違いを込めた味が着く | トップページ | 縮めよう努力夢呼ぶこの格差 »

2020年11月24日 (火)

母の忌の空に皇帝ダリヤ触れ(原田しずえ)

  昨日と違い、冬らしく曇天で肌寒さを感じた日だった。

所用が終わり、1周2kmの遊水池を回って帰った。
周りの木々は色づき、水の涸れた遊水池は冬の景色だ。
かつては、ここは私の散策コースだったが、わが家にワン
ちゃんが来てからはすっかりご無沙汰。久し振りの訪問だ。

そんな風景に中で、一際艶やかだったのは背の高い皇帝
ダリヤだった。高く、大きく華やかに咲き乱れていた。
晴れならば、更に大空に彩りを添えただろうと思う。

13年前の11月に母は亡くなった。
母が亡くなった時も、確か同じ様な空模様だったと思う。
枯れた野に、亡き母が私を見守っているような気持だった。

写真を撮ったが、どうやらスマフォでの撮影は不出来だった。
残念だけど仕方ない。





« それぞれの違いを込めた味が着く | トップページ | 縮めよう努力夢呼ぶこの格差 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« それぞれの違いを込めた味が着く | トップページ | 縮めよう努力夢呼ぶこの格差 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本