2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 安倍ならばどんな祝辞をバイデンに | トップページ | デジタルが冬の寒さを示してる »

2020年11月10日 (火)

会えないが喪中ハガキで甦る

 今年最初の喪中ハガキが届いた。

母方の従兄弟から、彼の母親との連名で届いた喪中ハガキ。
今は亡き私の母親の弟で、今年2月に90歳で亡くなった叔父
の喪中を知らせる知らせだ。
義叔母は施設に入所中だから、従兄弟が手配したものだろう。

私は、何人もいた伯父、叔父の中では1番好きな叔父だった。
穏やかで、いつもニコニコでこっちの話を聞いてくれた。
私たち兄弟も大変お世話になった。
また、叔父は結婚したばかりの長男を病気で亡くし、義叔母
を長く介護していた。そんな心労を顔に出さず接してくれた。

喪中ハガキで、また好きだった叔父が脳裏に甦った。
多分、今夜の夢に出てくるような気がする。






« 安倍ならばどんな祝辞をバイデンに | トップページ | デジタルが冬の寒さを示してる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 安倍ならばどんな祝辞をバイデンに | トップページ | デジタルが冬の寒さを示してる »

無料ブログはココログ

お気に入りの本