2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 慣れたはずされど悪戦深夜まで | トップページ | 開戦も埋ったままの冬景色 »

2020年12月 7日 (月)

何とかと小人は養い難し

  説明・予告なしに自宅駐車場脇に設置された排水設備。 
朝の9時から市役所職員との話し合いが始まった。
参加者は市側2名、当方は自治会の正副会長2名。それに
わが夫婦の計6名。

市は説明・予告なしを認め謝罪した。
改善要求には、「検討します」と応えた。
後は、役所の返答待つことで今日の話し合いを終了した。

昨年度、自治会の女性役員だった女性(Aさん)は都合
で参加できなかった。Aさんには、事後報告をすることに
してあった。

Aさんに電話で話し中に、突然にAさんが怒り出した。
久し振りに出遭った女性のヒステリック!
傍で聞いていたカミさん、「これは更年期、電話を切れと
私に合図する。早々に電話を切った。やれやれ・・

お互いに、冷静でなければ話は進まない。
これでは交渉事は成り立たない。
いくら市役所でも、こちらの団体の実状を探るだろう。
すっかり手の内を見透かされているんだ。

これを読んだ方々!
本川柳の「何とか」とは何でしょうか?




« 慣れたはずされど悪戦深夜まで | トップページ | 開戦も埋ったままの冬景色 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 慣れたはずされど悪戦深夜まで | トップページ | 開戦も埋ったままの冬景色 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本