2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« コロナ禍が炙り出してるドンの顔 | トップページ | この次は顔を見せろとかかりつけ »

2020年12月18日 (金)

コロナ禍が過疎に追い打ちかける郷

    日帰りで古里の信州へ行った。
朝の金沢行き新幹線は空席が目立った。
乗客はユッタリ気分だが、経営的には苦しいと同情する。

埼玉県のJR駅から、途中、ノンストップで1時間未満で
長野へ。軽井沢からは一面の銀世界だ。大雪の余波を感
じる。雪を嫌って故郷を飛び出した頃を思い出す。

同級生が経営している病院で受診、今日の主目的はこれ。
この病院へは、緩い坂を上る。昨夜来の降雪が凍り付い
て道はツルツル、冬の小樽で滑って転倒したことを思い
だし、滑り止めのついた靴を履いて来て正解だった。
同級生の医師から、健康上の指摘を受けた。改善のため
の努力しようと思う。

電車で実家に寄る。実家は弟夫婦が継いでいる。
まず、両親の墓参り、先月の29日は母の命日だった。
墓前で亡き父母へご無沙汰を詫び、般若心経を唱えた。

墓参後は、実家で昼食をいただきながらの会話が弾む。
ここでも高齢化と人口減少が続く。共通の話題だね。

帰りの新幹線もガラガラ、出発時には1車両に数人しか
乗客がいなかった。重い土産品を詰めたリックを隣りの
座席に置いてノンビリ移動できた。

寒かったが、青空に恵まれ楽しい旅ができた1日だった。













« コロナ禍が炙り出してるドンの顔 | トップページ | この次は顔を見せろとかかりつけ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コロナ禍が炙り出してるドンの顔 | トップページ | この次は顔を見せろとかかりつけ »

無料ブログはココログ

お気に入りの本