2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 百超えるパンが居並ぶ冬の朝 | トップページ | コロナ禍で疎らな世界独り占め »

2021年1月24日 (日)

比べては真の社長に礼を欠く

    ネットに『社長は禁句“管首相用語”紹介』の記事が載った。

首相の慣用句の1
「仮定のことについては答えられない・・」
 同 その2     「引き続き緊張感をもって事態を注視・・」
 同 その3     「1日も早く収束させて安心して暮らせる・」

こんな文句を社長が呟くような会社は3日で潰れるそうだ。
文中の例を引くまでもなく、首相の無責任な言動には呆れる。
日々起こりえるトラブルなり課題に、具体的に対応を指示で
きないトップでは会社は保たないだろうね。

でも、一国の首相が、こんなテイラクでも日本は潰れないネ。
それだけの権限を総理大臣は持っていないと考えたい。
某新聞に「管総理の番頭政治」と書かれていたが、一般の社長ク
ラスとはどう見ても言えないね。耄碌した番頭言葉だ。
参院の質疑を見ていてそう思った。

日本は民度が高いと言われるが、間接的とは言えこんな危機管理
の脆弱なトップを選ぶようじゃ、その民度も疑わしい。
今秋の総選挙後の自民党総裁選への出馬は断念すべきだと思う。



  

 

« 百超えるパンが居並ぶ冬の朝 | トップページ | コロナ禍で疎らな世界独り占め »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 百超えるパンが居並ぶ冬の朝 | トップページ | コロナ禍で疎らな世界独り占め »

無料ブログはココログ

お気に入りの本