2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 一声で五輪崩れる脆さです | トップページ | 半世紀前の想い出飛び交う日 »

2021年2月 5日 (金)

老眼に天眼鏡を重ね書く

    確定申告と市役所への出す2種類の書類を作った。

確定申告は、毎年、パソコンで作っているから慣れたモノ。

苦労したのは、地元の役所へ出す書類だ。
まず、入力画面がシステム化されていない。
記入用紙に印刷された文字が小さい。それに記入欄のが
小さい。印刷物が緑色のため、コピーしても鮮明さなくぼや
けている。などなど・・。

天眼鏡を片手に記入用紙へ書き込む。
高齢者で慣れない人たちはどうしているか?、と考える。
控えを取るためにカラーコピーをしたが鮮明で出ない。

この程度のシステム化がどうして出来ないのだろうか?
役所のデジタル化の遅れを感じた日だった。

« 一声で五輪崩れる脆さです | トップページ | 半世紀前の想い出飛び交う日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 一声で五輪崩れる脆さです | トップページ | 半世紀前の想い出飛び交う日 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本